$("a").each(function() { if( $(this).find('img').length ) { $(this).attr( "data-lightbox", "image-1" ); } });

デカ薄セグメントを制するパネライ『ルミノール ドゥエ スリーデイズ PAM00676』

1319811.png.adapt.1333.20001319810.png.adapt.1333.2000

僕が初めてパネライを入手したのはかれこれ5年ほど前(2012年頃)になります。チラネジテンプを備えた自社製のキャリバーP.999を搭載したラジオミール42mm(PAM00337)でした。思えば、この頃からパネライの自社製ムーブメントは際立って美しくなりました。

僕がラジオミールのこのモデルを選んだ決め手はパネライらしくない着け心地の良さです。とりわけスーツを着用した際の取り回しの良さが魅力でした。

その後、フリースプラングムーブメントに傾倒していった僕は緩急針の存在する古典的な設計のP.999に飽きてしまい、手放すことにしました。デカいながらも薄い時計の良さというものを堪能したものです。

2016年に発表されたルミノール・デュエ・3DAYS・アッチャイオ(PAM00676)は両持ちテンプのフリースプラング機キャリバーP.1000を搭載したモデルで、厚みがなんと10.5mm。

そして、この時計を試着した際に感じたのは時計の重心の低さ。この底重心が着け心地の良さを演出します。

デカいながらも薄くて、さらにフリースプラング。これは買いでしょうと考えていましたが、最終的に防水性能が3気圧というのに気持ちが萎えて見送りました。

もっとも、ストラップはクロコ(革)ですから水に浸ける人はいないでしょうし、3気圧防水で日常困る事はありません。

価格も熟れてきた感がありますので、ぜひ入手してみてはいかがでしょうか?

SIHH2018ジュネーブサロン前夜にジャガールクルトからポラリス・メモボックスが発表されました!

56

SIHH2018(ジュネーブサロン)はリシュモン資本系列の時計ブランドの見本市です。

その系列ブランドの一つ、ジャガールクルトからポラリス・メモボックスが発表されました。文字盤は近年の流行であるヘリテージ(復刻)感のあるデザインですね。

ヘリテージに関してはオメガがトリロジーシリーズをリリースして大変好評ですよね。

ヘリテージは革ベルト(カーフ)と組み合わされることが多いのですが、このメモボックスはラバーベルトとの組み合わせというのが新しい。そのアクティブ性能に見合う防水200mのケーシングとアラーム機能を奏でるcal.956。

さすがジャガールクルト は時計好きには堪らない提案をしてくれますね。 

三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!

最近、仕事で顧客の元にお邪魔することが多くなりました。紐靴をタイトに履いている僕は、脱ぎ履きのビミョーな沈黙の時間にいつも冷や汗の出る思いをしています。

僕は靴紐をベルルッティ結びという工数の多い結び方を用いるので、歓談しながら結ぶという器用なこともできず、無言で靴紐を結ぶことに集中してしまいます。

確実に脱ぎ履きが発生する子どもの小学校受験が差し迫ってきたタイミングで、スリッポンの靴を購入することにしました。

スリッポンはよくローファーと呼ばれますが、その呼び名は「怠け者」を意味しますので、僕は努めてスリッポンで統一して呼ぶことにしています。その名の通りSlip-Onして履くため靴紐がなく、着脱が楽に行うことができます。

僕がスリッポンを購入したのは大学生の頃です。J.M.WESTONの紺のスリッポンを素足で履いていました(遠い目)。 
続きを読む

マツダ・アクセラのクリーンディーゼル車に3年半乗ってる僕が6人乗りのCX-8を試乗してきましたよ

DSCF3861


早いもので、僕がマツダのクリーンディーゼル車アクセラXDに乗って3年半が経ちました。昨年初めての車検を受けましたが、ノートラブルで我が家の移動を支えてくれて感謝の日々です。

長男も大きくなり、昨年長女が生まれたこともあり、アクセラの車格ではやや窮屈さを感じる場面も多くなってきました。 

そこで、次の車の検討も兼ねて2017年12月14日に発売されたマツダのSUV、CX-8に試乗してきました。

パンフレットをいただいて、スーツ姿の白人男性がオーデマ・ピゲ『ロイヤルオーク』のクロノグラフを真昼間に操作する写真を見て、僕はターゲット層じゃないよな〜なんて思いながら順番待ちしました。

飛び込みで試乗しに行きましたが、ディーラー店舗は試乗待ちの人でいっぱいでした。注目度抜群なのですねCX-8。
続きを読む

薄型時計の旗手【BVLGARI オクト フィニッシモ】はチタンモデルが圧倒的にオススメ!

OctoFinissimo-Watch-BVLGARI-102713-E-1_v01

最近触れた時計で「いいね」と思った時計はブルガリ オクト フィニッシモです。
実際にブルガリブティックで実機を触らせてもらいました。

ブルガリのオクトは元々デザイナーの故ジェラルド・ジェンタ(Charles Gérald Genta)氏の会社を買収した後にシリーズ化されています。

2012年頃、父親と時計を買いに行って、オクト・バイレトロというジャンピングアワー/レトログラードの超マニアックな時計を選びそうになったのを必死で止めた想い出がありますw

ジェンタ氏といえば、1970年代にオーデマ・ピゲのロイヤルオークのデザインを手掛け、ラグジュアリースポーツウォッチの礎を築いた人物です。 

ですから、このオクト・フィニッシモにもジェンタのスピリッツを感じ、そこがまさにグッとくる部分であるわけです。 
続きを読む
記事検索
ギャラリー
  • マツダCX-8 Lパッケージ(7人乗り)をオーダーしました!
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
Amazonライブリンク
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ