GOLF Ⅵ TSI highline


昨年末からの懸案だった自動車の買換えは結局、GOLFを購入したことで決着した。選んだグレードはTSI。160馬力のエンジン、アルカンターラのスポーツシート、パドルシフト付7DSG、バイキセノンヘッドライト装備が下位グレードとの違いだが、これまで乗っていたPOLO 1.4 Comfortlineと比較すると全てが大きくアップグレードした感がある。

出足の滑らかさや加速の鋭さなど走行性能もさることながら、トランク容量は20%増、後部座席も広くなるなど居住性も高い。また、外からの遮音もかなり高いなど快適性能が充実している。シート素材のアルカンターラは東レが開発した合成スエードくらいの認識でいたのだが、冬場でもヒンヤリすることもなく、気のせいかPOLOでは悩まされた静電気の発生も今のところ経験していない。高級感や手触りの良さもあり、レザーシートに固執しなくてよかったと思っている。


外観もインテリアもシンプルで感動は少ないが、乗るほどにその良さが身に滲みる感があってよい。


街乗りも意外と低燃費(10km/ℓ)だが、やはり本領発揮は高速走行時。クルーズコントロールで一定速度を維持すればかなりの好燃費を叩き出すに違いない。


ところで比較試乗したLEXUS CT200h ver.Lが元々本命だった。実際に乗ると、思っていたほどの高級感を感じることが出来ず、後部座席も狭く、下取車の見積など価格面での折り合いがつかずに結局断念した。LEXUSに乗ることがあるとしたら、それはRXシリーズだねと妻と申し合わせてディーラーを後にした。とても今は乗れないが。


今年下期には新型のGOLFが登場するらしいので、そちらも期待。