プロブロガーのイケダハヤトさんが紹介していた自分の強みを知るギャロップ社のストレングス・ファインダーを自分も受けてみました。
自分の強みが分かる「ストレングスファインダー」をやってみたら気持ち悪いくらい当たっていた
僕は「最上志向」「活発性」「戦略性」「未来志向」「適応性」が強みとして出ました。


ストレングス・ファインダーは34の資質を強い順に上位5つ教えてくれるサービスで、追加料金を払うと、34資質全てを強い順に並べてくれます。

で、自分の結果を見てちょっとがっかり。「収集心」が先頭にきてしまいました。何だかオタクっぽいな〜と思いつつ。でも、ブログで自分で入手した物や体験を綴る行為はこの資質が背景にあるのかもしれません。

企業内の人材としてはR&D(研究開発)部門に適性があるらしいですよ。なるほど〜
就職や転職を考えている人には自己分析に使えるツールだと思います。

「最上志向」を持つ人は多い気がしますね。日本人特有かもしれません。

こうして見ると、当たってますね。知識を集めたりアイディア考えるのが得意なんですが、コミュニケーションが弱く人に影響を与えられず、行動を起こすのを躊躇い頓挫する僕の姿をよく映していると思います。でも、ストレングンス・ファインダーは弱みには目を向けるなと教えてくれます。ひたすら強みを伸ばし続けろ、と。自分の弱いところはそれを強みとしている人に助けてもらえばいいですもんね。

1.収集心
「収集心」の才能が強い人は好奇心が旺盛です。常にもっと多くの人たちのことを知りたいと思っています。彼らは情報が欲しくてたまりません。アイデアや本、記念品、引用文、事実など、特定のものを集めるのが好きです。ただ興味があるから、それを集めるのです。彼らは多くのことに興味を持ち、好奇心を生まれ持っています。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。インターネットを検索し始めると、好奇心から何時間も続けてしまうことがあります。常に何かを手に入れ、まとめ、整理しています。彼らは追及することで新鮮な気持ちを保っています。自分の集めた情報やものは、いつかその価値が証明されると考えています。

2.着想
「着想」の才能が強い人は、創造力があり、独創性を認めます。ブレインストーミングやディスカッショングループな ど、自由に考えることを楽しみます。彼らは生まれつき、多様な視点から問題を考える能力があります。誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、意外な角度から眺めることができます。型にはまらない考えを持ち、新しいアイデアや概念に魅力を感じ、容易に思い付きます。彼らは着想が大好きです。なぜならそれは深い意味があり、目新しく、明瞭で、逆説的で、奇抜だからです。これらすべての理由で、新しい着想が生まれるたびに、彼らにはエネルギーが電流のように走ります。

3.最上志向
「最上志向」の才能の持ち主は、多くの場合、他の誰も気づいていないときから人の才能や強みを見抜きます。強みは、それが自分のものであれ他人のものであれ、彼らを魅了します。「最上志向」の人は、他の人が自分の可能性にワクワクできるようにサポートするのが好きです。周りの人が何を得意とし、どのような仕事に向いているかを見極める能力があります。彼らは人の才能と、完了すべき仕事をどのように結び付けるかを知っています。平均ではなく卓越していることが彼らの評価基準であり、それを追い求めています。品質を重視することで、自分や他の人の得意分野に焦点を当て、弱点を管理します。

4.内省
「内省」の才能の強い人は考えるのが好きです。頭脳活動を好みます。脳の「筋肉」を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。このような考えることへの欲求は、問題を解く、アイデアを出す、あるいは相手の感情を理解するときに発揮されるかもしれません。何に集中するかは、他の強みによって異なります。「内省」という資質は、考える内容にまで影響するわけではありません。単に、考えることが好きだということを意味しているだけです。彼らは自分の考えをさまざまな方向から捉えるのが好きです。「内省」の才能の強い人は、思考が内側に向いています。この才能は彼らに自分と向き合い、じっくり考える時間を与えます。それがどの方向に導くにしても、この頭の中でのやりとりは彼らの人生で常に変わりません。

5.学習欲
「学習欲」の才能が強い人は、常に学び、向上することに全力を尽くします。学習のプロセスは彼らにとって、習得する 知識と同じくらい重要なのです。彼らは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することでやる気が出ます。新たな事実を学んだり、新しい課題を始めたり、重要な技術を習得したりすることにワクワクします。学ぶことで自信がつきます。「学習欲」の上位資質が、必ずしもある分野の専門家になることや、専門的または学術的な資格を得て評価されようとがんばることの動機づけになるわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。