K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

暇なので、電子ピアノKAWAI CA95Bばかり弾いてます

WRITER
 
KAWAI CA95B
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。金融業界で仕事をしています。 国際線CAの妻と2人の子どもと2018年より田舎暮らしを開始。 SONY・旺文社主催'94全国中学生高校生テープ&ディスク大賞作詞作曲優秀賞、TOEIC920、 '05早大商卒。

昨年念願の電子ピアノを買ってから、指の感覚が戻ってきて思い通りに弾けるようになってきました。引っ越してリビングに設置するようになってからは、より身近になって耽るように弾いています。

 


P1020933
僕はKAWAI CA95Bという機種を使っているのですが、これは鍵盤の質がとても良くて好きですね。普通、白鍵は木製でも黒鍵はプラスチック製という電子ピアノが多いのですが、CA95Bは黒鍵も木製。木製だと汗をスッと吸うような感覚があって滑らない気がするんですよね。実家のYAMAHA MODUS F11と比べて弾き心地のレベルがこちらの方が全然上です。MODUSはインテリアとしては最高なんですが…

あとは、音のなり方がスピーカーっぽくなく、ちゃんと響いている感覚があります。これは背面に共鳴板を備えているのが大きいのでしょう。

ピアノ以外で面白いのはハモンドオルガンのレズリーエフェクトの緩急がペダルでON/OFFできます。ハモンドオルガンもさすが買収しただけあってサンプリング音源ながら良い音出してます。他にエレピの音とか、チック・コリアになったみたいな気分で弾けます。

でも、本物のピアノに勝るものではないですね。マンション暮らしなので仕方ありませんが。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。金融業界で仕事をしています。 国際線CAの妻と2人の子どもと2018年より田舎暮らしを開始。 SONY・旺文社主催'94全国中学生高校生テープ&ディスク大賞作詞作曲優秀賞、TOEIC920、 '05早大商卒。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2015 All Rights Reserved.