$("a").each(function() { if( $(this).find('img').length ) { $(this).attr( "data-lightbox", "image-1" ); } });

自動車関連

マツダCX-8 Lパッケージ(7人乗り)をオーダーしました!

スクリーンショット 2018-03-29 22.46.32

アクセラXDに乗り始めてもうすぐ4年になりますが、我が家はマツダの大型SUVであるCX-8に乗り換えることになりました。
 

発売してすぐに試乗に出かけたのですが、先日妻にも感想を聞こうと家族全員で試乗に出かけました。

妻の感想は僕と同じで、「静かで力強くて目線が高いので乗りやすい」というもの。車ではいつも泣いてしまう下の娘も広い室内でリラックスできるのか、試乗中は静かに過ごしていました。もうすぐ小学校に上がる長男も3列目の居住性の良さが気に入ったようです。
 

3月の決算期ということで、値引きも頑張ってくれるというので数時間に及ぶ交渉の結果、契約することになりました。

オプションてんこ盛りだったのですが、値引額は15万円ほどでした。ただ、いま乗っているアクセラXDの下取りが160万円というあり得ないほど高い査定をいただいたので、今しかないとサインしました。


選んだグレードはLパッケージ(6人乗り)のマシーングレーメタリックでした。ところが、数日後営業さんから2列目がベンチシートとなるLパッケージの7人乗りがリリースされるので変更されますかというオファーをいただきました。車体価格は変わらずです。車体の色も変更可能ということで、妻の希望のスノーフレイクホワイトに変更して再オーダーしました。


ベンチシートになってもシートヒーター(2列目)が搭載されることと、リクライニング角度が6人乗りと変わらないことを確認して決めました。


とはいえ、納車は7月とまだまだ先です。それまではアクセラXDとの時間を大切に過ごしたいと思います。最近遠出していないので、長野の靴店「ヤマザキヤ」にアクセラで出かけようかな。

納車されたら、下呂温泉の素敵な宿に家族と出かけようと思います。


ところで、最近面白い記事を読みました。

僕の好きな「名もなきライター」さんがマセラティを購入されるべくお仕事を頑張るとか。こういう生き方いいなと思います。車選びってその時の生き方が出ますね。

マツダ・アクセラのクリーンディーゼル車に3年半乗ってる僕が6人乗りのCX-8を試乗してきましたよ

DSCF3861


早いもので、僕がマツダのクリーンディーゼル車アクセラXDに乗って3年半が経ちました。昨年初めての車検を受けましたが、ノートラブルで我が家の移動を支えてくれて感謝の日々です。

長男も大きくなり、昨年長女が生まれたこともあり、アクセラの車格ではやや窮屈さを感じる場面も多くなってきました。 

そこで、次の車の検討も兼ねて2017年12月14日に発売されたマツダのSUV、CX-8に試乗してきました。

パンフレットをいただいて、スーツ姿の白人男性がオーデマ・ピゲ『ロイヤルオーク』のクロノグラフを真昼間に操作する写真を見て、僕はターゲット層じゃないよな〜なんて思いながら順番待ちしました。

飛び込みで試乗しに行きましたが、ディーラー店舗は試乗待ちの人でいっぱいでした。注目度抜群なのですねCX-8。
続きを読む

東京モーターショー2015:Mercedes Benz

R0271188

メルセデス・ベンツは自動運転のコンセプトカー「Vision Tokyo」を公開していました。残念ながら内装が見られなかったのですが、外装は初期の軍用航空機を思わせる佇まいでした。

自動運転が今後のイノベーションの主役となりそうですね。

僕はどちらかというと、無人運転が規制側から認可されるかどうかが社会へのインパクトを左右する気がしますね。無人運転ならガレージからある地点まで自分を迎えに来てくれたりすることが可能なわけですよね。ただ、それを万人に許すと交通網はどうなるのでしょう?より生産的な社会となりうるのでしょうか?

有人の自動運転であれば単純に事故を減らすわけで、非常に有益な反面、自分で運転したい消費者のニーズをどう取り入れていくのか非常に興味深いテーマだと思います。

周囲はこの車体のデザインを酷評する声が多かった気がします。どうでしょうか?

R0271193

東京モーターショー2015:Audi

R0271162
アウディは男性コンパニオンが印象的でした。そうそう。僕たちはこういうカッコいい男になったつもりで車に乗るのです。

アウディは演出が独特で、ドイツ人スタッフが脇目も振らず黙々とモップをかけたり、車を磨いているのです。ドイツ人の実直、勤勉さのアピールでしょうか。実は少し異様な光景に見えました。 いや、面白いんですが、徹底的に日本市場にローカライズされたフォルクスワーゲンのブーストは世界観が違いました。
R0271166
みんなエンジンが大好きなんです。エンジンの造形も美しいですよね。惹きつけられます。

東京モーターショー2015:KEN OKUYAMA DESIGN

R0271291
ピニンファリーナのデザイナーとして活躍したのち、現在は山形を本拠として様々なモノをデザインする奥山清行さんのブース。残念ながらご本人は不在でした(10月28日にいらしたようです)。続きを読む
記事検索
ギャラリー
  • マツダCX-8 Lパッケージ(7人乗り)をオーダーしました!
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
Amazonライブリンク
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ