$("a").each(function() { if( $(this).find('img').length ) { $(this).attr( "data-lightbox", "image-1" ); } });

Music

クリスマス・イブは山下達郎ザンマイ "OPUS ALL TIME BEST 1975-2012"

DSC00231

これまでちゃんと山下達郎(以下御大)を聞いていなかったことを反省。久しぶりにCDを買わせていただきました。ホント勉強不足です。

このCDには御大自ら解説を入れた60Pのブックレットが付いてくるのです。CDというオールドメディアの尊さを感じました。全曲リマスタリング。御大のレコーディングエンジニアリングの真髄が詰まった3枚はまさに珠玉。

DISC1:

4# WINDY LADY
何と、矢野顕子のツアーベーシストであるWILL LEE他NYCのスタジオ・ミュージシャンのハイレベルな演奏が聴けます。 弱冠21歳の御大もさすがに腰が引けた様子。

5# PAPER DOLL
矢野顕子の2001年のカヴァーが大好きなPaper Doll。20代特有のペシミズムを表現した楽曲だそうです。エレピが坂本龍一なのも驚きです。

9# BOMBER
いわゆるDISCOサウンドですね。ゴリゴリのベースサウンドが体を揺らします。

13# RIDE ON TIME
今の御大のサウンドを決定づける象徴的な曲。このリゾート感!

DISC2:

4# スプリンクラー
特徴的なリフは何と大正琴!青春時代から今に至るまで地下鉄表参道の地下道を潜り続ける僕には何とも言えない感慨深い曲です。切ない。でもこの胸の高まりはなんだろう。

10# 踊ろよ、フィッシュ
これほど明るく、そして悲しい曲を僕は知らない。転調した瞬間胸がギュッと締め付けられる。独りきりのイブの安っぽい感傷なのだろうか?

11# 蒼氓(そうぼう)
この曲を聴くと、なぜ角松敏生が偽・山下達郎と呼ばれるかを理解できる。この曲のコード進行は角松敏生の1991年「All Is Vanity」の中の"WHAT IS WOMAN"を彷彿とさせる。

DISC3:

残念ながら90年代末から2000年代の曲で印象に残るものはない。御大も長く不作の時代と認めているようです。

全体的な感想など

カルフォルニアワイン「OPUS ONE」を深く愛する御大にしてこのアルバムタイトル。熟成のサウンドが味わえます。少しハイが刺さる録音特性ですが、歳とともに衰えた聴覚にはちょうど良いかもしれません(残念ながら耳の良さには自信のあった僕も最近は衰えを感じています)。

ちなみにこのアルバムの写真で山下達郎が身につけているトノー型の腕時計はBreguet(ブレゲ)ですねぇ。どうでもよい情報ですが。




 

デジタル世代よ、山下達郎の「スプリンクラー」を聴きなさい5

スクリーンショット 2015-12-20 21.39.16

1983年の山下達郎のナンバー「スプリンクラー」はアナログ録音からデジタルに移行する時期にアナログ録音されてリリースされた曲です。曲途中からベースラインだけになる小節があるのですが、タイトでファンキーな演奏でありながら切なさを感じさせる稀有な楽曲です。

ラジオでたまたま流れてハッとしました。僕もアナログ録音された楽曲に感動するよう教育されているようです。最近感動することを忘れかけている30代にもオススメです。今年残り僅かをナントカ乗り切れる気持ちになります。

iTunesでは売っていないので矢野顕子の1992年のカバーを代わりに。でも、原曲の格好良さは表現しきれていないですね。この曲が舞台となる地下鉄・表参道駅をニューヨークで表現する難しさですかね。

ちなみに矢野顕子の2001年のカバーアルバム「Home Girl Journey」の1曲目も山下達郎の「Paper Doll」(1978年)をカバーしているのですが、こちらも原曲のカッコよさ&オシャレ度には敵いません。 山下達郎恐るべし

ADELE 『25』に聴き入る…

スクリーンショット 2015-12-01 19.26.01

アデルの『25』を聴いています。
このアルバム、全米初週338万枚のセールスを記録したそうです。

とっても成熟したサウンドでザ・大人の音楽という感じなのですが、
多くの世代に受け入れられているところを見ると英語圏の国のリスナーは成熟しているとある種羨望にも似た気持ちが沸きます。

僕はオーソドックスなコード進行の曲が好きで、

1.Hello
5.Remedy
8.Love in the Dark


の3曲をオススメします。

この人、生で歌うと声量がかなり豊かなんじゃないんでしょうか?何となくですが、そんなことを思いました。とにかく、特別な声を持っていることは間違いないです。何かをしていてもふと動きを止めて聴き入ってしまうのです。移動中に聴くのは危険です。
 

『Unbreakable』 Janet Jackson

Untitled

7年ぶりの新譜なんですね〜。Janet Jacksonのアルバム「Unbreakable」を聴きました。僕が購入したアルバムとしては1997年の「Velvet Rope」以来で実に18年ぶりです。

音質面のクオリティはもの凄く上っている反面、テイストはあまり変わってないんですよ。僕みたいに懐かしさ半分で安心して聴く分にはいいんでしょうが、若い世代にはどう聞こえるんでしょう?ちょっと新しさが足りないかな?でも、アルバムの後半は実験的な試みもあって、いいと思います。

ついマイケルの声質を求めてしまうんですよね。本当によく似ている。これは彼女にとってはジレンマなんだろうけど、マイケル亡き今貴重な存在ですよね。

新しいイヤホンATH-IM03で聴いていますが、イイ感じで鳴ってくれます。

曲はほとんどJanetとJimmy Jam and Terry Lewis(Jam&Lewis)という50代後半のソングライティングチームが書いています。Jam&Lewisは80年代後半からRoland社(日本の会社ですよ、みなさん誇りに感じましょう)のTR-808というドラムマシンをいち早く楽曲に取り入れるなどハウスミュージックの元祖みたいな人達なんです。ものすごい一流の老練なクリエイターが作ったアルバムですからね、完璧です。安心して聴けます。

今年は良質なスタジオ・アルバムに触れられて嬉しいです。ADELEの「25」ももうすぐリリースです。こちらも楽しみな秋の夜長ということで。

ラヴェルの管弦楽曲集 ダフニスとクロエ第2組曲:シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団演奏  

R0270922


ラヴェルの管弦楽と言えば、<ボレロ>が思い浮かぶ方が多いかもしれませんが、僕は<ダフニスとクロエ>第2組曲が大好きで、第1曲:「夜明け」をまさに夜明けにラジオで聴いたときに、体が震えるような感動を覚えました。モントリオール交響合唱団のクワイアーも幻想的で、僕の大好きな曲です。こういう出会いはラジオならではです。

ラヴェルの世界に触れるようになったのは中学の音楽の授業で「水の戯れ」を聴いて、その美しさと精緻さに耽溺したのがきっかけでした。17歳のときに、ピアノ独奏曲全集(演奏:ポール・クロスリー) を購入してますます深みにはまりました。

僕はクラシックファン(そもそもラヴェルは20世紀前半に活躍したので、クラシックとは言えない)ではないのですが、ラヴェルだけは別格ですね。都会的で、緻密な世界観が素晴らしいのです。ジャンルは違いますが、ビル・エヴァンスにも通じるものを感じます。

僕の持つ1980-81,83年録音のこのアルバムはどこにも売っていなくて、手に入れるのに苦労しました。とにかく名盤です。機会があれば聴いてみてください。声をかけてくだされば貸します。


記事検索
ギャラリー
  • デカ薄セグメントを制するパネライ『ルミノール ドゥエ スリーデイズ PAM00676』
  • デカ薄セグメントを制するパネライ『ルミノール ドゥエ スリーデイズ PAM00676』
  • SIHH2018ジュネーブサロン前夜にジャガールクルトからポラリス・メモボックスが発表されました!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • マツダ・アクセラのクリーンディーゼル車に3年半乗ってる僕が6人乗りのCX-8を試乗してきましたよ
  • マツダ・アクセラのクリーンディーゼル車に3年半乗ってる僕が6人乗りのCX-8を試乗してきましたよ
  • 薄型時計の旗手【BVLGARI オクト フィニッシモ】はチタンモデルが圧倒的にオススメ!
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • ジュビリーブレスに魅せられて…ROLEX DATEJUST41
  • ジュビリーブレスに魅せられて…ROLEX DATEJUST41
Amazonライブリンク
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ