$("a").each(function() { if( $(this).find('img').length ) { $(this).attr( "data-lightbox", "image-1" ); } });

Mac関連

IGG SOFTWARE iBank5 が家計簿ソフトとして今一番使えるかもしれない

IGG SOFTWARE iBank5


僕はかなりの浪費家なので、家計簿ソフトでかなり細かく収支とバランスシートを管理しています。ところが、家計簿ソフトってなかなか良いのがないんです。昨年まではCatamount Software PocketMoneyというiOSのソフトを5年ほど使用していたのですが、開発者が癌で死亡してしまい、更新されていません。

さんざん色んなソフトを試して辿り着いたのが、IGG Software社のiBank5です。 Mac、iPad、iPhone版がリリースされていて、僕はMac版と入力用にiPhone版を導入しています。同期はWiFi、Cloud syncの2通りありますが、安定性が良好なのはWiFiなので、こちらで同期をとっています。同期はサクサクなので、外出先で記帳、帰ってMacに落とし込んで、分析を昨年から運用しています。
続きを読む

iPhone4S 印象at random

10月14日、新たに発売されたiPhone4Sを購入した。買換えるなら厚さ9mmが7mmにスリム化されたらと考えていたが、その点は期待外れだった。その代わり、Siriと64GBの容量が買換えるには十分な動機付けとなった。妻も最近PowerBook G4からMacBook AIrに買換えたこともあって、夫婦で4Sに乗換えることにした。

通信キャリア選択は面倒なので、引き続きSoftbankに。大本命のiCloudもFaceTimeもWiFiなしでは利用できないので、巷で騒がれる通信品質にはあまり拘らず。

予約も納品も川崎市内のSoftBank Shopで手続きしたが、server downで待たされることも予想通りだったので、個人的には大きな混乱はなかった。妻の場合は3GSからの移行で、SIMカードの仕様(大きさ)が変わるため、発売日翌日の入手となった。昨年のiPhone4と異なり在庫は潤沢にあるようだ。

iCloudでのBackupは初回こそ800MBほどアップロードするために時間を要したが、2回目以降は差分のみなので、スムーズに。制限値下(例えば20MB以内)であれば、3G回線でのバックアップも許容されるとなお良い。自動バックアップは充電中でないとNGで、Unpluggedであれば手動で実行する。いずれにせよMacと有線で同期することから解放されたの画期的だ。

Siri。相当期待したこの機能も私の発音には非常にシビアで、聞き取ってもらえないことも多く自己嫌悪に。場所の検索など日本国内には対応していないのも残念。ただ、文意を捉える能力には驚いた。非常に高いポテンシャルを持っているだけにβ版からどう展開していくか今後に期待。

ヘビーユーズしているApp、Catamount Pocket MoneyはiOS5対応アップデートがなかったので不安だったが、今のところ問題なく動作する。

GPSの精度が飛躍的に向上した気がしたので、調べたところ、GLONASSというロシアの衛星位置情報システムを従来のGPSと併用しているらしく、その効果なのか。私はNAVIeliteというナビAPPを利用しているので、この改善は実は一番嬉しい。

握り方で電波の受信状況が悪化するアンテナの問題も4Sでは改善(解消?)されたようだ。通話中に突然Call Failedしてしまう問題もこれで解消されるとよいのだが・・・

カメラは専用機を使う主義なので批評のしようがないが、カメラ横のLEDフラッシュは着信時にgentleに発光させることができる。延々と光り続けないところも好感。良く言えばこの辺りにAppleのセンスを感じなくもない。

様々な機能追加が盛り込まれているが、文字入力の’引っ掛かり感’が4Sでは完全に解消されているというプリミティブな進化に感動。ただし、今はclean install直後の状態での印象なので、今後どう変わるか?

以上、総括なしの雑感。


MacBook Air

Custom Name 015


東洋経済社から出版された“会計HACKS!”という本があり、その中で役に立ったのが「パソコンは一年ごとに買い替える」というハックだ。

つまり、発売後1年以内のパソコンは購入価格の7割程度で売却することができるので、見方を変えれば毎年数万円の追加費用で最新のパソコンが手に入るという考え方だ。もちろんLet's Noteなどの誰もが欲しがる機種を選ぶ必要があるので私の所有するMacBook Proが人気機種にあたるかは疑問だが、購入から1年半が経過したのでハックに従い買い替えることにした。

1年以上経過したので7割で売却できるかは自信が無いがソフマップの上限買取額を見ると4割程度だそうなので、その辺りをスタート値にYahoo!Auctionに出品した。


普通は売却が成功してから新しい機種を購入するのだが、私の場合は先に購入してから売却する。その理由として3点挙げる。


①早期に回収したいというインセンティブが働く(売る努力と工夫)

②Macは2週間以内であれば返品(有償)が可能なので、ロスは浅い。

③現行機との性能比較ができる


前置きが長くなってしまったが、本題に移ろう。


今回、私が選んだのはMacBook Air (MC906J/A)だ。現在所有しているMacBook ProよりCore 2 Duoのクロックレートは落ちるし(2.26→1.6Ghz)、FireWire800、SDスロット、SuperDrive(DVD/CD)もない。

では、何故買い替えたかというと、圧倒的に持ち運びやすいからである。やはりlaptopは鞄に入れても嵩張らずに持ち歩けてこそだ。そういう意味ではMacBook Proは落第。この先数年、laptop必携のライフスタイルに変化することが予想される私には重要だ。今回の買い替えはdowngradeではなくdownsizeが目的だ。


買替前の環境はTimeMachineという機能を使って外付HDDに保存したバックアップを復元するだけなので、移行の煩わしさは皆無。Appの再installも一切必要ない。


新鮮なのはRemote Discという機能。近くにあるMac/WinのDVD/CDドライブをWiFi経由で共有することが可能だ。MBAは伝統的に光学ドライブがないので、私の妻のPowerBook G4のドライブを共有することで、全く支障なく運用可能。HandbrakeでいつものようにDVDソフトをiPhone向け動画に変換する作業もちゃんとこなせる(ただし、初動のscanに時間がかかる)。いちいちホスト側に許可を求めるのはちょっとdull。


E-P2で撮影した画像をMBAのCapture One5で編集するには、いまのところE-P2本体とをUSBでデータ転送するしかないが、WiFi内蔵SDHCであるEye-Fi Pro X2であればRAWデータをAd-hocでMBAにwireless転送できそうだ。E-P2との相性(安定性とバッテリ消費)
が不安だが、これは導入次第別途レポートしたい。私は1shotでRAWとJPEGをそれぞれ生成するようにE-P2を設定しているのだが、JPEGはPocket WiFi経由でFlickrへ、RAWはMacへと自動転送が可能だそう。凄い。


最近は登場回数が減ってはいるものの、VMware Fusionがサクサク動作するようでないと困るので、4GBメモリは前提。メモリは基盤に直付けされているので後から追加は不可能なのでBTOする必要があるのだが、アップルストア銀座になら4GBにBTO済の在庫はあるだろうと勝手に読んで行ってきた。案の定あったのだが、同時にCore 2 Duoも0.2Ghzクロックアップされていたので、やや割高になってしまった。それでも、販売スタッフの裁量で5%値引いてくれたので、最終的に購入を決めた。


今のところ同じSSDのMacBook Proと体感的な違いは感じられない。比較的負荷が高いと思われるHandbrakeの変換作業もほぼ同じペースでこなせる(あくまで体感)。したがって、switchは成功と言えそうだ。


最後に冒頭の話にrollback。Macは1年ごとに買い替えるべし。


今回、AppleStore銀座を訪れた際、妻のiPhone 3GSの電池疲労が進んだことと、時刻表示の不具合(常に+4分)の件でGenius Barに相談。結局新しく機種交換してくれたのだが、そのときわざわざiOS4.1→4.2にFirmwareをupdateしてからの引き渡しであった。妻が帰宅後、復元しようとしても、できなかった。なぜなら妻の5年前に購入したPowerBook G4のOSは10.4.11であり、iTunes10&iOS4.2.1はMacOSが10.5〜でないと動作しないからである。妻の新iPhoneの
4.2はPowerBookのiTumes9.x.xと不適合であったということだ。結局、再度iOS4.1版のiPhoneと交換のため2日連続で銀座に行くことになってしまった。今回はこれで済んだ話だが恐らく、将来同じような事態に遭遇したときには、復元できなくなってしまうので新たにMacを購入しなければならない。この体験から考えても「会計Hacks!」という本は正鵠を得た提言をしているので、読むことを薦めたい。

iPhone4の仕様で判明したことなど

 既に恒例らしいiPhone4の分解図がiFixitに掲載されている(Teardown)。リアパネルとバッテリーは簡単に交換できそうだ。フロントパネルについては液晶やデジタイザーと一体化しているため、コストがかかりそう。Appleの電池交換も従来の本体ごと交換ではなくなるのだろうか?興味深い。それまでApple Care Protection Plan契約は保留。

 あとは、ステンレスのベゼルに手が触れることによって生じる電波障害については来週早くも配布されるiOS4.0.1で改善されるようだ(出典)。

 

Apple iPhone4

P6240005


 本日、待ちに待ったiPhone4をようやく手にすることができた。噂やレビューどおり、画面がとても精緻でAppsの動作もとても快適。3Gで気になっていた文字入力のレイテンシーもiPhone 4では全く意識しないで済む。そして、この薄さ。重量はそこそこあるのだが、ジャケットのポケットに収めても全く違和感を覚えない。
 私のように普段スーツで過ごすことの多い人間に高い親和性を示す。表裏面のガラスは割れるという欠点があるかもしれないが、傷が付きにくいのは間違い無さそうなので、デザインをスポイルしかねないケースには入れずにおきたい。そういえば、底面のステンレスのビスのネジ山形状が特殊。DIYでパネル交換するには特殊な工具が必要と思われる。

 私が常用するAppは資産管理アプリのCatamount software "Pocket Money"で、既に500KBytesを超えるファイルが存在するのだが、かなり軽快に動作してくれる。ただし、iOS4もPMもメジャーアップデート直後からか、取引入力後たまにクラッシュしてしまうことがある。この辺りは熟成を待つしかない。
 iPod機能についてはVideo Podcastを再生すると何故かフリーズしてしまう。そうなると、再起動するしかなくて困っている。NBC Nightly Newsが見られないのは非常に痛い。
 DVDをHandbreakでiPhone用に変換する際も解像度が上がったため、ソースと同じ720×480で大変美しい映像を楽しむことができる。Safariについては何の不満も今のところない。とても出来が良いと思う。もっと記すべきことがあるはずだが、発表以来今日までで待ちくたびれてしまい、手に入れた達成感だけが今の私の正直な感想だ。今日もなかなかお店に納品されなかったため、本当に手に入れられるかやきもきした。明日以降、冷静に分析したい。

記事検索
ギャラリー
  • デカ薄セグメントを制するパネライ『ルミノール ドゥエ スリーデイズ PAM00676』
  • デカ薄セグメントを制するパネライ『ルミノール ドゥエ スリーデイズ PAM00676』
  • SIHH2018ジュネーブサロン前夜にジャガールクルトからポラリス・メモボックスが発表されました!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • マツダ・アクセラのクリーンディーゼル車に3年半乗ってる僕が6人乗りのCX-8を試乗してきましたよ
  • マツダ・アクセラのクリーンディーゼル車に3年半乗ってる僕が6人乗りのCX-8を試乗してきましたよ
  • 薄型時計の旗手【BVLGARI オクト フィニッシモ】はチタンモデルが圧倒的にオススメ!
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • ジュビリーブレスに魅せられて…ROLEX DATEJUST41
  • ジュビリーブレスに魅せられて…ROLEX DATEJUST41
Amazonライブリンク
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ