$("a").each(function() { if( $(this).find('img').length ) { $(this).attr( "data-lightbox", "image-1" ); } });

書籍

株式投資の良書3選

2017年から確定拠出年金がスタートしました。
2018年から「つみたてNISA」が始まって、いよいよ貯蓄から投資へのシフトが加速していきそうな勢いです。

我が家は長男、私自身、妻の「ジュニアNISA」や「つみたてNISA」の枠をフル活用して運用しています。もちろん確定拠出年金にも毎月12,000円投じています。 私自身の名義でアクティブファンド、妻名義でインデックスファンド、長男名義で内国ETF、REITの構成で運用しています。

貯蓄の代替なので、個別の銘柄は保有していません。 運用額が大きくなって来たところで、自分の投資リテラシーが大したことないことに不安を感じて書籍の力を借りる事にしました。
「運用してる」っていうのは大人の階段登る的な陶酔感があって危険なんですよね。 田端信太郎氏の受け売りですが、時間を無駄にできないので。 僕が選んだのはこの中の3冊。 まず、チャートを軸に投資判断を行うテクニカル分析のための本がベレス&カプラ共著の「デイトレード」です。僕はチャート眺めるのも好きなんですよね。皆さんもそうかもしれませんね。

でも、この本はテクニカル分析を行うための具体的な手法が全く書かれていません。むしろ、投資の心構えを説く本です。それがなかなか思想的にしっかり刺さるのがこの本のよいところ。 「一攫千金を狙うな。損切りしろ」というのに集約できます。


次に僕の今の投資スタイルに近い「インデックスファンドのバイ&ホールド」を推奨するのがバートン・マルキール著の「ウォール街のランダム・ウォーカー」です。

最後に、テクニカル分析でもファンダメンタル分析でもバイアンドホールドですらない、経済的なイベントで柔軟にスタイルを変えるべきと提唱するのが、アメリカのお茶の間で人気らしいジム・クレイマー著「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」です。表紙は俗っぽい香りがしますが、内容としてはごく真面目です。

2000年代前半に書かれた本ですが、紹介されているWebサイトのリンクが存続している点でもスタンスにブレがないことを示していると思われます。でも、もう廃刊されているんですよね。僕はプレミア価格を払ってこの本を入手しました。
著者はゴールドマンサックスを経て、ヘッジファンドを経営。ITバブル崩壊直前に手仕舞うことを提言したことで有名(?)とのこと。妻のカレンさんも元トレーダーで、この人の投資アドバイザーでもある。この本を書いた時にはすでに引退していたみたいですけどね。

大岡昇平・著『レイテ戦記』の物量感に圧倒されました。

太平洋戦争の天王山と言われたフィリピン・レイテ島を巡る日米の戦いを克明に描いた『レイテ戦記』上・中・下巻を2月下旬に3日間かけて読み終えました。

いや〜疲れました。

第二次世界大戦を描いた書籍としては森村誠一の『悪魔の飽食』シリーズを読んだことがありますが、あちらは後方部隊の残虐的な人体実験をやや政治的バイアスがかった筆致で読者を誘導する印象を受けたのですが、本書は克明な日米両政府文献による取材に基づき、残虐な描写も淡々と語る(もしくは取材対象者の帰還者に語らせる)ようなスタイルですね。
続きを読む

penの表紙にダニエル・クレイグが!史上最強の007を目撃せよ。

DSC00071

007 SPECTRE、評判は上々のようですね。penでも特集されていました。

何と言っても、トム・フォードのスーツやコートが紹介されているのがとても参考になります。特にダブルブレストのチェスターフィールドコートなんて実に知的な雰囲気なんです。ま、どれも60万円近くする品々です。登場するオメガの時計も大体それくらいの価格帯です。 原作でボンドが愛用する香水がFLORIS のNo.89だということも初めて知りました。カジノ・ロワイヤルではチラッとサンタ・マリア・ノヴェッラが映っていたので購入した覚えがあります。
あとは靴。キャンバリーのダブルモンクストラップのブーツをスーツと組み合わせるのは実に難しい。野暮ったくなるギリギリのラインですね。

作品を振り返ってみると、ストーリー性はSKYFALLが一番好きだなということがわかりました。 もう一回見直してみようかな。思えばダニエル・クレイグになってからの作品は全て映画館で観てます。「慰めの報酬」に至っては義弟と飲んだ後酩酊状態で映画館に駆け込んだ覚えがあります。僕にとってはそれほど大事な映画だということなんです。

『カネ遣いという教養』藤原敬之・著(新潮社)

僕はブログでモノを語ることが多く、それが「物質主義」的な浅薄さを醸し出していないかという懐疑心に悩まされた時期がありました。そんなときに出会った本が元ファンドマネージャーが著者の「カネ遣いという教養」という本です。

自分が愛でてきたモノたちへの心情の吐露が「教養」と呼べる代物なのかを確かめるために、救いを求めるようにこの本を一気に読みました。

「教養」になるものもあれば、「散財」に終わるものもある

著者によると、「教養」とはインターフェースを拡げる、つまり感性の接点が拡がっていくことと定義されています。言い換えると、世界が拡がるとか、人間としての深みが増す、ということなんでしょうか。

著者が挙げた靴のカネ遣い。偶然か必然か私も著者と同じ南青山の骨董通りにあるJ.M.WESTONで初めての高級靴を購入しました。それから靴が足に馴染む過程の体験の描写が全く同じで笑ってしまいました。その後海外出張で、何足も揃えた後にJOHN LOBBを履き、最後にはビスポークに辿り着いた著者の境地はまさに教養と呼べるものでしょう。
靴は自分の体の一部になる過程が「自信と余裕」を与えます。僕も靴にどれほどの自信を与えてもらったか!

一方で腕時計のカネ遣いはどうでしょう?
著者は百貨店の販売担当の言われるがままに、時計を揃えていったと言います。そして、あるとき「憑いていた狐が落ちて」時計への興味を失ってしまったそうです。同じことを服飾評論家の落合正勝氏が書いていたのを思い出しました。落合氏も数本を残して手放してしまったそうです。
僕も時計に関しては、ベルトの素材を交換してコーディネートする方を楽しんでいます。

著者が集めたライカのカメラとレンズに至っては、買った、揃えたというだけで終わってしまっています。そこから新しい世界を覗いた様子は描かれていません。これらは「散財」でしょう。

僕がなるほどな、と思ったのはカネ遣いをすればするほど「収入が追いついてくる」というクダリ。桁外れの衝動的なカネ遣いをすれば、桁外れの収入を得ることもあるということです。これは僕も一定の真実があると思います。経済評論家の山崎元氏も著書「学校では教えてくれないお金の授業」の中でこれに似たことを述べておられました。

この本、Amazonでボコボコに酷評されています。やっぱり鼻に付くのかな?
興味のある方は是非手にとって下さい。

 

『戦後経済史』私たちはどこで間違えたのか 野口悠紀雄 著(東洋経済新報社)のソフトな語り口にシビれる3

R0270858

僕は経済学者の野口悠紀雄氏を非常に尊敬しています。僕のブログ初期の語り口は野口氏の東洋経済の連載の影響を色濃く受けた(マネをした)ものです。彼は学者なのでいいですが、僕の場合独りよがりになってしまい今読むとキモチわるいので、止めましたが。

そんな野口氏の新著を今更ながら読んでみました(仕事帰りにカフェで4時間かけて読了)。 

で、『戦後経済史』の語り口を読んでひっくり返るほど驚きました。とても優しい語り口なんです。普段の「その理由を企業法人統計のデータを使って次に敷衍しよう」みたいな難解なフレーズがないんです。 これじゃあ、池上彰じゃあないですか教授…
 ※敷衍(ふえん)・・・意味のわかりにくい所を、やさしく言い替えたり詳しく述べたりして説明すること
続きを読む
記事検索
ギャラリー
  • マツダCX-8 Lパッケージ(7人乗り)をオーダーしました!
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • DTM用モニターヘッドホンにFOCAL Listen Professionalを導入しました。
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • 機械式時計が投資対象になる可能性:Chrono24「Watch Collection」で体感するその未来
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
  • T.MBHのヌバッククロコの携帯シューホーンが素晴らしい!
Amazonライブリンク
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ