$("a").each(function() { if( $(this).find('img').length ) { $(this).attr( "data-lightbox", "image-1" ); } });

【学習欲】

税理士試験顛末

 8月4日(火)快晴、第59回税理士試験をポートメッセ名古屋にて受験してきた。受験した簿記論の出来は惨憺たるもので、とても合格は期待できない。合格発表の12月まで待つまでもなく、次の手を考えている次第。税理士として独立開業の道は現実かなり厳しいよというある方からのアドバイスもあり、このまま勉強を継続する意思はあまりない。税理士より人材の需要がある公認会計士に挑戦してはというアドバイスを先の方からいただき、IFRSへの準拠という大きなイベントが数年後に控えていること、業界の人不足、公認会計士試験自体緩和されたという事実を知り、興味を持っているのだが、税理士のエントリー科目である簿記論のあまりの不出来に職業会計人としての適性に自信が持てないでいる。要は気持を切替えればよいだけなのだが、現時点は白紙の状態だ。当然挑戦するなら予備校の費用も捻出しなければならない。
 試験の翌日、たまたま第149回TOEIC受験の〆切日だったので申込んだ。9月13日(土)に4年ぶりに受験してこようと思う。また、完全に趣味の領域だが
アップルプロアプリケーション認定資格Logic Proレベル1を取得したい。これは音楽制作DAWのベンダー資格。音楽専門学校で6ヶ月程度のプログラムを履修しないと受験自体出来ないようだが、音楽制作は再開したいと考えているので、ツールに精通しておくのは悪いことではないと考える。悪いことではないが、費用が20万円程度と高額なうえ、東京でしか参加できないので、優先順位は低い。有名ではないしニッチだが、同じベンダー資格としてはOracle Masterみたいなものか。と、こんな感じで今はやりたいことを、思いつくままリストアップ中。

TAC説明会に出掛ける

 11月22日(土)16:00〜17:30までTAC名古屋校の説明会に出掛けてきた。結婚一周年を記念して13時からガーデンレストラン徳川園で食事を楽しんだ直後だったので、急に現実に引き戻された気分だったが、説明会に出席することで講座を受けるにあたり必要となる入会金1万円が無料になる特典があるので参加しないわけにはいかなかった。
 ただ、それ以外にも出席して有益な情報は掴んできたので大いに役立った。説明会の主旨は日商簿記検定試験をクリアした人がいかに税理士簿記論にシフトするかという私向きな内容。財表か簿記論か迷う部分もあったが、後者を選択する気持を固めた。
 私は1月よりスタートする講座を受けるつもりだが、初学者向けの「速修」と受験経験者向けの「上級」の2コース制があり、直前期の3ヶ月で同じ内容をやるというもの。
 一応「上級」は日商1級学習済向け、演習中心ということで、こちらのコースを選択したいが、何しろ先日の1級試験の惨憺たる結果をすれば初学者相当なのかと思えなくもない。迷っている人向きに
上級アプローチセミナーという講座を無料で開講し、そこで実施される判定テストの結果を見てコース選択すれば良いとのこと。水道橋校のみで実施されるそうで、丁度その頃出張で東京にいる私はラッキーなことに出席可能。12月6日(土)10:30から6時間程度その機会を生かしてこようと思う。でも、先日のような資料責めにはちょっと辟易。

第120回日商簿記検定 1級

 3度目となる日商簿記検定1級もあっけなく敗退。会計学は比較的よくできたが、簿記は委託販売の論点で躓き、足切必至を悟り前半の試験で切り上げたあ。日商簿記は今回が最後と決めていたので、mission failed。ちょっと遠回りした間は否めないが、ここまで勉強したところは税理士試験の簿記論範囲を一巡しているはずなので、その目的は達したと納得することにした。ただ、ちょっと残念なのは前回から今回まで過去問以外何も手をつけずだらだらと過ごしモチベーションを維持できなかったことか。

 ところで、書店で学習に関する本をパラパラと読んだが、モチベーションも実力も3回でピークアウトするそうなのでこの決め事は満更出鱈目や思い付きではないようだ。

 時間があまりないので、いよいよ税理士試験に軸足をシフトしたいのだが、簿記論と財務諸表論のどちらを受験しようか真剣に悩んでいる。大学院で会計・税法の修士学位(MBA)を取得する予定なので試験で合格すればよいのは会計一科目と所得税か法人税の税法一科目。

 第58回尾税理士試験の簿記論と財務諸表論の予備校回答速報を並べてみると、簿記論がほとんど数字と仕分けのみであるのに対し、財務諸表論は理路記述とB/S I/Sの作成が占めている。私は理論記述に苦手意識を持っているが、合格率を見ると簿記論より高いようだ。

 簿記論は計算問題主体だが、量が多くスピードと正確性が求められるらしいので、こと数字に弱い私に適正があるのかどうかは疑問。合格率も簿記一級とほぼ同等の競争試験。

 高校では世界史B、大学ではフランス語&ロシア語と、いつも科目選択を誤り後々苦しむ経験から慎重に選択したい。両方選択してどちらか合格すればよいという合法磊落な手法もないわけではないが、短期間合格向きではないし、それは戦略とはいえない。

 よほどのことがない限りは簿記論を選択することになりそう。もう独学では会計法規の変更など情報戦に対応できなくなるので予備校の講座を受講する。以前、神保町の大原簿記専門学校に通ったものの、鼻中隔湾曲症の手術で誘引したのをきっかけに挫折した苦い思い出があるが、今回は簿記知識のベースはある程度確立しているので、初学者にありがちな挫折をあまり心配してはいない。通信教育だと怠けるので、通学が前提だ。

 短期間かつ名古屋で受講できるところを前提にするとTACが最適と考える。1月~7月まで週6時間の講義を受けることで学習目安とされる450時間の30%強を消化。毎朝勤務時間までに確保できる学習時間は80時間。残り200時間を余暇70日に割振ると3時間程度を学習に当てればおおよその予定が立てられる。コンスタントが難しいのだが、7ヶ月くらい我慢したい。

 予定管理やインプットにはデスクで眠ってしまったfILOFAXの手帳やマインドマップをフル活用したい。時間投下は上のとおりだが、投資は雇用保険給付金で20%控除後11万円程度か。Mac Bookの一番安い機種が買えてしまう小さくない投資だが、20代最後のがんばりに賭けたい。

 ブログにも学んだことを反映させたい。

GWは勉強漬

 5月2日〜5月6日までの5日間は日商簿記1級対策に追われていた。
ほとんど毎日、昼間は愛知県図書館に通い、夜はDenny'sで深煎コーヒーを煽りながら問題集を解きまくっていた。
 愛知県図書館はこの春から社会人用のデスクが充実したので頻繁に利用する。

何とか、商業簿記/会計学の特殊商品売買と連結会計をほぼ終えることができ、休み明けにキャッシュフロー会計と工業簿記/原価計算の直接原価計算と意思決定会計を残すところとなった。試験3週間前から過去問対策や総合問題にあたる予定なので論点学習はそれまでに終えたい。

 さて、連休中はカフェ代などでコストが高くついてしまった...自宅で集中できれば良いのだが、外の空気を吸いたいということもあり、図書館やカフェ、ファミレスに繰り出していた。さすがに最後2日は体力的にキツくなり高校時代にもよく世話になったりしていたユンケル ロイヤルを購入。定価は1本2,000円程度だとか(高い!)。近所の量販店で2本1,500円程度で入手。イチローさんは試合前にユンケルを飲むそうで、専用のケースまでつくらせたとかどうとか。
 夕方飲んで学習に臨んだが、翌朝9時まで眠れなくなってしまった。おかげで進んだからよいのだが、効力が消えた時ドッと疲れが襲ってくる気がする。なんだか怖くなってて残り一本を飲むのはいつになるんだか。

 ということで泣いても笑っても私に残された時間はあと一ヶ月。頑張ろう。

成功する人は週末を無駄にしない

 これは名古屋商科大学大学院のコピーだが、とても共感する。週末や余暇を漫然と過ごすのではなく、人生やキャリアの向上のために時間やお金を投資したい(もちろんその回収も享受したい)と常日頃から考え実践してきたつもりだ。

 実は今、名古屋商科大学大学院 Tax Accountant Programの入学を考えている。税理士試験の3科目免除が第一の目的だが、MBAが取得できるのも大きな魅力。また、社会人が多いこともありあらゆる人とのネットワークづくりも醍醐味であると思う。これらを満たしてくれるなら大学の知名度なんて、どうでもよい。
 私の周囲では中小企業診断士が金字塔の扱いを受けているが、その中でMBAホルダーと税理士資格取得は差別化になると確信している。

 先週、名古屋市中区伏見にあるキャンパスの説明会に出掛けてきた。Harvardや慶應のビジネススクールのようにcase methodを前提としたプログラムであることや、単位当たり2〜3週間で完結するのがとても魅力的。高額のtuitionであることから当たり前かもしれないが、設備はとても良い。ただ、今いる部署には関東出向の可能性があるので最初の2年はとにかく早めに卒業したい。資金面の問題もあるので最も早くて2009年4月入学が目標。尤も、その前に入学を認められる必要があるので、その準備(今年の9月下旬)をしなければならないし、それまでに悲願の日商簿記一級検定合格(第119回 2008.6.8)を達成したいという様々な思惑が渦巻いており最近の私は少し多忙である。  


記事検索
ギャラリー
  • デカ薄セグメントを制するパネライ『ルミノール ドゥエ スリーデイズ PAM00676』
  • デカ薄セグメントを制するパネライ『ルミノール ドゥエ スリーデイズ PAM00676』
  • SIHH2018ジュネーブサロン前夜にジャガールクルトからポラリス・メモボックスが発表されました!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • 三陽山長のウィングキルトスリッポン『房二郎』はしなやかで履きやすい!
  • マツダ・アクセラのクリーンディーゼル車に3年半乗ってる僕が6人乗りのCX-8を試乗してきましたよ
  • マツダ・アクセラのクリーンディーゼル車に3年半乗ってる僕が6人乗りのCX-8を試乗してきましたよ
  • 薄型時計の旗手【BVLGARI オクト フィニッシモ】はチタンモデルが圧倒的にオススメ!
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • 財布がそろそろオワコンな時代に、クロコダイル革の財布を買ってしまった…
  • ジュビリーブレスに魅せられて…ROLEX DATEJUST41
  • ジュビリーブレスに魅せられて…ROLEX DATEJUST41
Amazonライブリンク
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ