2017年から確定拠出年金がスタートしました。
2018年から「つみたてNISA」が始まって、いよいよ貯蓄から投資へのシフトが加速していきそうな勢いです。

我が家は長男、私自身、妻の「ジュニアNISA」や「つみたてNISA」の枠をフル活用して運用しています。もちろん確定拠出年金にも毎月12,000円投じています。 私自身の名義でアクティブファンド、妻名義でインデックスファンド、長男名義で内国ETF、REITの構成で運用しています。

貯蓄の代替なので、個別の銘柄は保有していません。 運用額が大きくなって来たところで、自分の投資リテラシーが大したことないことに不安を感じて書籍の力を借りる事にしました。
「運用してる」っていうのは大人の階段登る的な陶酔感があって危険なんですよね。 田端信太郎氏の受け売りですが、時間を無駄にできないので。 僕が選んだのはこの中の3冊。 まず、チャートを軸に投資判断を行うテクニカル分析のための本がベレス&カプラ共著の「デイトレード」です。僕はチャート眺めるのも好きなんですよね。皆さんもそうかもしれませんね。

でも、この本はテクニカル分析を行うための具体的な手法が全く書かれていません。むしろ、投資の心構えを説く本です。それがなかなか思想的にしっかり刺さるのがこの本のよいところ。 「一攫千金を狙うな。損切りしろ」というのに集約できます。


次に僕の今の投資スタイルに近い「インデックスファンドのバイ&ホールド」を推奨するのがバートン・マルキール著の「ウォール街のランダム・ウォーカー」です。

最後に、テクニカル分析でもファンダメンタル分析でもバイアンドホールドですらない、経済的なイベントで柔軟にスタイルを変えるべきと提唱するのが、アメリカのお茶の間で人気らしいジム・クレイマー著「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」です。表紙は俗っぽい香りがしますが、内容としてはごく真面目です。

2000年代前半に書かれた本ですが、紹介されているWebサイトのリンクが存続している点でもスタンスにブレがないことを示していると思われます。でも、もう廃刊されているんですよね。僕はプレミア価格を払ってこの本を入手しました。
著者はゴールドマンサックスを経て、ヘッジファンドを経営。ITバブル崩壊直前に手仕舞うことを提言したことで有名(?)とのこと。妻のカレンさんも元トレーダーで、この人の投資アドバイザーでもある。この本を書いた時にはすでに引退していたみたいですけどね。