機械式時計の虜になって、早18年。

欲しい時計が出ては、今まで所有していたものを売って新たに買ってを繰り返してきました。

僕の感覚だと買値の7割が売却可能の最低額です。

この感覚が狂い始めたのが、2013年頃です。何と買った価格よりも売った価格の方が高くなる現象に遭遇することが多くなったのです。

折しも、スイスフランの高騰を受けて時計のリテール価格もどんどん上昇を続けてきたのが過去5年の出来事でした。

そんな中、時計ジャーナリストの広田雅将さんが興味深い考察を提供してくれました。

投機対象となるには国際的な取引所が必要となりますが、その担い手として国際的な機械式時計の売買サービスを提供するChrono24が有望だということです。

確かに僕もレアな時計を入手したい時は、ここで価格をリファレンスします。一度手放したRolex4233/9の新品を購入するためにいくつかの販売店と交渉した経験があります。

このChrono24の特徴は世界中の時計販売店が参加しているので、相場のリファレンスに信頼性には定評があります。

最近はその膨大な相場情報から、所有する時計のポートフォリオを表示する機能が実装されましたので、早速使って見ました。

続きを読む