K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

VolksWagen Polo 1.4 Comfortline 購入へ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

先月試乗したPolo Comfortline、購入の運びに。

6月に登場する予定の1.2TSIシングルターボエンジン換装版を待たずに購入に踏み切った。

決め手は試乗時の乗り心地の良さ。最近妻も試乗したが、静粛性が気に入ったようだ。色は傷や汚れが目立つがDEEP BLACKにした。幸い引越先の駐車場に屋根がありそうなので、一安心。

3月2日のGeneva motor showで発表されるPolo GTIがツインターボ1.4TSIの180hp、パトルシフト付7DSGを搭載しているので、ミッドレンジの1.2TSIにはさほど魅力を感じなくなった。GTIは当然300万円程度のプライスが予想されるので、次の乗換時に検討したい。

因に、今回私が購入したトヨタ系ディーラーでは値引きは15万円+端数で、諸費用含め総額は212万円程度だった(オプションはETCとフロアマットのみ)。今回祖母の平成6年式トヨタコルサを廃車にしてエコカー補助金25万円を受け取れる見込み。

尤も補助金は次世代自動車振興センターが申請受理してから半年程度かかりそうだ。もう少しスピードアップしてくれないのかな?オンラインで進捗が確認できるようになったのは進歩だが、事務処理の改善が望まれる。

ナビゲーションはPNDのSONY NV-U75をネットオークションで入手。NV-U2と比較して車速センサーを新たに搭載しているので位置情報と到着予想時刻の精度が向上したことと、タッチパネルがiPhoneと同じ静電気センサーになったので感度が向上した。それに加えコストがさらに下がった。性能が著しく進化しているにもかかわらず、4万円未満で購入できる。

保険は9等級で75,000円程度(一般車両保険付)、自動車税は34,500円と維持費も安いと思う。ただ、所謂外車なので、修理やメンテナンスでどれほどのコストがかかるのか予測できない。

本日車検登録が完了し、今月27日に納車する予定。補助金の申請や車庫証明のため住民票を祖母と同じ岐阜県に移したりと、事務手続きにも相当苦労したので何だか妙な達成感あり。

来月は引越なので、存分に働いてもらおうと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2010 All Rights Reserved.