K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

Volkswagen Polo 1.4 Confortline 試乗

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

 購入を検討しているPolo 1.2TSI(HighLine)であるが、比較対象に現在既に発売されている1.4 Confortlineを試乗してきた。近くのVW DUOまでTyrell SVを駆って出掛ける。自転車に乗ってディーラーに行く人は少ないように思うのでちょっと恥ずかしい。

 さて、外観を見るに新しいPolo、非常に精悍な顔つきに変わっていた。内装はシンプルだが上質。ダッシュボードに平面部もあったのでPNDを載せるときに便利だと思った。シートのホールド感も素晴らしい。後部座席も思った程狭くなく、短時間なら大人も耐えられる程度では無いだろうか。シフトノブには燦然と輝くDSGの刻印が・・・ホイールはさすがに純正はいただけない。交換したいが、この車のプライスバリューが損なわれる。それに私はレガシーのホイールを削ってしまった前歴があるため、ホイールに追加費用を出す気になれない。

 ここでE-P2で撮影をと思いきや、メモリーカードを入れ忘れており愕然とした。

試乗の順番を待つ数十分、営業さんと歓談。 私の本命のHighLineは6月発売、価格は240万円になるそうだ(エコカー減税の対象になるかは不明)

 そして、いよいよ試乗。

出足は初期のGOLF GTI同様クリープしないと思いきや、ちゃんとクリープする。なるほど、進化している。そして、直線に入り60km/hまで加速してびっくり。とてもスムーズにかつパワフルに駆け抜けるのだ。車重が軽いとはいえ、とても85psのNAとは思えない。Legacy GTと大差ない印象。ハンドリングもしっかりしており、石垣島のレンタカーで借りたヴィッツとは大違い。これで、高速に乗るとどうなんだろう?生憎、それは叶わなかったのだが。

 そして、DSGのマニュアルモードで運転。これがまた非常にリニアな反応。回転数を上げるとエンジン音も心地よい。

 ということで、この車、試乗してしまえばHighLineを待つまでもなく購入を決断する人が多いだろう。それだけパワー不足を全く感じさせない。コストを言えばHighLineの減税分も車両価格が上がる分相殺されてしまうだろうし(綿密なシミュレーションが必要)。営業さんに言わせると、1.4ℓ NAエンジンは先代から熟成されてきたエンジンだが、1.2TSIは新開発なのでトラブルなどのリスクを抱えるとの(もちろん話半分だが説得力はある)。

 期待の燃費だが、試乗車の平均燃費を見忘れてしまったので不明。

 ちなみに自動車保険。私はそんぽ24の自動車保険に加入しており、9等級だった。その等級で30歳以上、ゴールド免許、年間走行8,000km未満という条件で一般車両保険付契約にした場合、保険料は67,830円であった。思ったより随分安くて驚いた。

 それでも私はHighlineが出る6月まで待ってみようと思いつつある。エコカー補助金制度は2010年9月30日まで延長することが昨年12月8日に閣議決定されているので、まだ時間はありそうだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2010 All Rights Reserved.