K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

Amazon Kindle2を購入することに

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

私の英会話の先生が授業に持ってきたAmazon Kindle2。30分程先生にはSalesmanになってもらい、その特長をレクチャーしてもらった。まず、画面が非常に見やすい。紙のように目に優しい印象だ。それから、バッテリーの持続時間が一週間程度と非常に長い。電源を落としても表示されているテキストは消えない。何よりも安く本が買えるのは大変な魅力だ(高くても9$)。日本語に対応していないが、私は英文が読めるので何ら障害にならない。

自宅に戻りってリサーチして驚いたことは、このマシンはWi-Fi通信ではなく、3G回線を利用して通信するということだ。しかも通信料は無料!通信圏内であれば全世界で使える。これはすぐに買わなければ。ということで、16日未明Amazon.comに発注。送料、関税含めて27,814円だった。E-P2のEVFを見送って購入。今朝メールが届きアリゾナを出発して21日頃には届くということだ。これほど到着が待ち遠しいものはない。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2010 All Rights Reserved.