K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

Heimplanet THE CAVEというテントが奇抜過ぎる

WRITER
 
Heimplanet The Cave
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

インドア派の僕が、あまりの奇抜なデザインに惚れて購入してしまったテントです。組み立てはフレームにボンプで空気を送るだけなので、5分もかからない手軽さ。ただし、初回はフレームとカバーの接合を施す必要があるので、ちょっとした手間がかかります。

子供と公園に行く時に設置すると、注目を浴びます…

この形状なので、公園に行くと注目の的になります。居住性は良いのですが、夏の暑い時期の内部は悲惨なことになるので要注意です。

畳むとそこそこの体積になります。バックパック1個分くらい。重さは5kg程度。それに加えて、ポンプを携行しないといけないことを考えると、かなり嵩張るので登山なんかでは絶対使えないですね。オートキャンプとかそういうユルいシーンが一番合ってると思います。

フレームが耐久性の高いナイロンでできているとはいえ、やはり、穴が開く不安は残ります。一箇所穴が開いても他のフレームに波及しないようにエアロックをかけることも可能です。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2015 All Rights Reserved.