K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







RICOH CX2

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

P4181639

今年1月に妹が購入し、使いこなせなかったRICOH CX2を私が譲り受けることに。当初関心がなかったのだが、マクロ撮影が得意な機種ということで俄然興味が湧き、妻の歯科矯正治療に付き添った際、高崎駅のヤマダ電機でCX2と後継機種のCX3の説明を詳細に聞き私のニーズに非常にマッチすることが判明し、上述の通り私の手元に来た次第。販売員さんの話だと警察の鑑識に携わる方が買っていったそうだ。


私が求めた性能は極限まで寄れること、液晶の精度が高いこと、マニュアルフォーカス(MF)が使えることだ。CX2は液晶が非常に秀逸なため、MFが良く決まる。MFはジョグキー(↑↓)で操作するが、操作性は悪くない。


当初はシャッタースピードの設定がマズかったのかなかなかうまく撮影できなかったのだが、ようやく設定のコツが掴めてきたのでマクロを中心に楽しんでいる。


レンズはf=3.5-5.6と明るくないので、暗所や夜景などは苦手のようだ。後継機のCX3は暗所撮影の弱点をISOで補完する。ISO感度を上げてもノイズが乗りにくいのが特長だ(生憎そういう環境では試用していない)。


私の場合、暗所はE-P2に任せるとして、光量の確保できる対象や外出先でのスナップ用に活躍しそうだ。記録フォーマットがJPEGのみというのも割り切っていて潔い。


強いて注文があるとすればチープな外観だが、敢てこのチープさが名機の貫禄を醸し出している。リコーらしくて良いかも。


ということで、ビジネスバッグに入れっぱなしにしてヘビーユースしようと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2010 All Rights Reserved.