K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







横浜に転居

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

P4111631 
勤務先から出向を命じられ、名古屋から横浜市都筑区に引越した。勤務地は世田谷区用賀なので、バスと電車(東急田園都市線)を乗り継いで通勤。駅は鷺沼で、私の実家に近い。久々に味わう通勤ラッシュには慣れることはないだろうが、仕方がない。


大きな変化は妻とようやく同居できたことだ。長距離バスの開通等で何とか妻の主たる勤務地の成田空港や羽田空港に通える範囲なので、一緒に住むことにした。一緒に住んで改めて妻の仕事の忙しさに驚いた。何せ一週間の半分も家にいないのだ。ということで、掃除や洗濯・雑用を分担してこなしている。


2LDKSで80㎡超の新居は何かと持て余しがちで、当初家具を買い足すつもりはなかったのだが、あまりの殺風景にリビングに間仕切りを兼ねた書棚、寝室にクイーンベッドをIKEA港北で購入した。昨日ようやく全ての組立が完了したところで、ようやく落ち着いたところ。


写真はベランダからの風景を撮ったもの。丘の上に立つマンションの10階なので、かなり遠くまで見渡せる。寝室側からは横浜方面が眺望できる。夜景はかなり綺麗で、カーテンは常に解放している。


名古屋から連れてきたNew Poloはここで大活躍。1ヶ月半で走行距離は2,000km。燃費性能も素晴らしく、坂の起伏が激しいこの辺りでパワー不足を感じることもない。とはいえ、あまり自動車に依存する生活も良くないので、ドロップハンドルに換装したTyrell SVで実家までの6kmを駆ってみたりと体を動かす努力も怠ってはいない。


未だ決まっていないのがスポーツジム。近所に横浜国際プールがあり、そこのトレーニングルームが23時まで営業しており、一回500円とリーズナブルなので検討しているところ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2010 All Rights Reserved.