K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

SQUAIR Free Careのサービスに救われた気分に

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

SQUAIR Free Care

 

顛末

iPhone6s発表前にSQUAIRの「The Edge」というジュラルミン製のiPhone6用ケースを手に入れました。

その後iPhone6sがサイズ変更(ちょっと厚みが増した)になったことで、一世代だけしか使えないのかぁと落胆したのですが(実際に店頭でiPhone6に装着しようと試みてできないと判ったのです)、何と無償でiPhone6s向けにサイズ調整してくれるサービスが展開されていました!

僕はiPhone7が発表される前にiPhone6sにキャリアごと乗り換えようと画策しているので、本当に救われた気分です。

ちなみにあくまでiPhone6無印からSへの変更のみ受け付けてくれるようですね。当たり前といえば当たり前です。

少し欲を言うと…

ただ、十数万出費して「The Slit」を購入してもiPhone7で使えないことを考えると、有償でもアップグレードするサービスを展開する方がメーカー、ユーザーともメリットがあるような気がしますね。

ところで、僕はこの「The Edge」、何回かコンクリートに落としていますがiPhone本体には 傷が付かずにとっても重宝しています。もちろんケースはどんどん傷ついていくのですが、僕はあまり気になりません。

ただ、落とすと接続パーツの樹脂コネクタに亀裂が入りやすく、ケースが外れやすくなってしまい、予備の樹脂コネクタも尽きてきたのでメーカーさんに追加発送を依頼したところです(メール便で送ってくれるようです)。 この樹脂パーツの脆さは今後の商品開発の課題ですね。今のところ無償で送ってくれるようですが、ちゃんとビジネスとして別売りしてくれると嬉しいんだけどなぁ。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2015 All Rights Reserved.