K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

7月の連休は充実

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

7月18〜20日の3連休に有給休暇を加え4連休を取った私。初日は自転車通勤のための準備を午前中に完了。スーツやら靴やら大量の荷物を会社のロッカーに持ち込む。それから、最近MacBook Proに買い換えたので不要になったdisplayを処分したり結構重労働。

午後は中部国際空港から成田へ。連休前日ということでキャンセル待ちになったが、結局乗ることができた。そして夜7時からある方と九段下のNAHTで妻と3人で会食。その方からは妻を通じて色々とアドバイスをいただいており、初対面で緊張しながらも楽しい時間を過ごした。

さるconsulting firmのご出身で、米国の大学院を修了され現在は大学で教鞭をとるスゴい女性なのだが、スーパーポジティヴな姿勢にとても刺激を受けた。ここ最近の私は税理士試験の模擬試験が連戦残念な結果に終わっており、かなり暗い精神状態に陥っていたのだが、活力が湧いた。

と同時に、税理士という職業が仕事を得るという点で非常に厳しいこと、現在不足している公認会計士を目指した方が良いと言う率直なアドバイスもいただけた。そのほかちょっとウィットに富んだ中学生のお子さんのことや研究のことをお話されるとても充実した生活に10年後なりたい自分のビジョンが明確になった。

翌日、大学時代のロシア語クラスで同期だった友人と会う。彼は私と同じく留年するも5年で卒業し、俗な言い方をすればマスコミの人間となり、この5年間地方勤務だったが、東京に呼び戻されたということで、結婚式以来という妻と3人で上野駅のスペイン料理店“Vinuls”で栄転祝い。

ちょっとシリアスな恋愛の話とか仕事の忙しさなど彼の近況を知る。思えば10年の付き合いになる。変わらないようで大人として成長している彼がちょっと羨ましかった。大学時代よく飲みに行った大隈講堂近くのもつ焼き どん平にタクシーで向かう。生憎満員で入れなかったが、おばさんは一瞬懐かしいという顔をしてくれ、それだけで満足だった。

夜9時をまわっていたが、早稲田のキャンパスの来るもの拒まずは健在で新10号館の中に入り、こんな豪華な建物にしやがってとか何とか勝手なこと放言したあと、リーガロイヤルホテル東京のcellar barで強烈に美味いウィスキーを堪能。そうして11時頃に帰路につく。

翌日妻は仕事で朝5時には家を出てしまい、私は7時に成田へ向かう。京成線の谷津駅から成田まで45分程度。予てから入ってみたかったラウンジ、IASS Executive Loungeで過ごす。飲み物が無料という他は特に何もメリットがあるというものでもない(空港混雑時に効果有?)。

そうして、昼頃名古屋に到着、直ちにTACの税理士講座最後の授業を受講。残り2週間死にものぐるいで頑張る、と誓ったものの翌日は疲れきってしまい勉強が手付かずに終わり、連休明けの出勤では危うく遅刻しそうになるという体たらく。これではいけない。

8月の試験まで残り僅か。あとちょっと頑張りたい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2009 All Rights Reserved.