K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







夏支度

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

 夏が近づきつつあるということで、車にsun shadeを取り付けた。frrontに加えdriver’sとco-driver’s側にも取り付けが可能であるため、真夏の直射日光による高温化を大部分軽減できると期待している。納車初年度はあまりの暑さからかステアリングの革が割れてしまい、交換することになったため同じ轍を繰り返さないためにも必要な措置なのである。
 とはいえ、SUBARU純正のパーツであるため、1万円超とやや高額だった。防犯上の意味も大きい。運転席は全く見えなくなるため、PNDなどを置いていても比較的安全であろう。ただし、このsun shade、一旦広げると収納にはコツが要る。外枠に銅線が入っているため、畳むだけでなく捻りも必要になる。捻りどころを間違うと反発して元に戻ってしまう困りものだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2008 All Rights Reserved.