K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







KIO YAMATO TITANIUM

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。


2004年来愛用しているOAKLEY CHAIN4.0のレンズを新調しようと名古屋駅付近の名鉄百貨店の眼鏡売り場で、パートナーに勧められて着用した結果、とても気に入り購入。いかにも日本っぽいブランド名だがアメリカ人デザイナーによるもの。テンプルとフレームのカラーコントラストもさることながら、それらをフレーム下から繋ぐデザインの奇抜さは図抜けている。とはいえ、着用してみると知的な印象(に見える)。ということで、会社にもこれを着用して出掛けている。完全に予算オーバーだったがこういうモノとの出会いは本当にワクワクするものだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2007 All Rights Reserved.