K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

京印章 (小泉湖南堂)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

5a011803.jpg

 先日印章作家の澤村宗一さんに銀行印を依頼したところ、ご体調が思わしくなかったらしく一度断られてしまったのだが、4日程前に受注再開ということで、あらためて銀行印を黒水牛という印材で注文した。銀行印は一意性さえ確保できればという思いがあるので印材まではそう拘らないことにした。
 澤村さんに一度断られた後、現代の名工を受章された京印章の職人、小泉景氏を知り、氏が紹介されている
京都職人ー匠の手のひらという本を取り寄せた。記事を読んで、この方に直接会って実印制作を依頼したくなった。google mapのストリートビューでお店を拝見。看板に“ハンコ”と銘打っただけのシンプルな店構えではあるが、そこがかえって職人志向な印象ではある。幸い、記事を読む限りは気さくなお人柄であるようだし直接お願いするに限る。
 ネット通販では
京の逸品 老舗モールというところが唯一販売を手がけている。とても高価であるが、それだけに直接会って相談のうえ依頼したい。ということで、都合が合えば今月22日あたり京都に出掛ける。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2008 All Rights Reserved.