K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







Spb Time

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

携帯電話に望む機能の第一は目覚まし時計としての役割だ。これがないと日常に支障を来す。Windows Mobile phoneはアラーム機能が使うに値しないほど貧弱なのでauの携帯電話と併用していたが、やはり携帯電話を2台持つのはそれこそ煩わしいしコストに見合わない。

auで愛用していたナビソフトのNAVITIMEがスマートフォンに対応していることを最近知りスマートフォン(HTC X01HT)1台に統合することに。そこで、目覚ましアラームの秀逸なソフトSpb Timeを導入。

このソフトの秀逸な点は何といってもステレオタイプな目覚まし音にある。それもかなりの音量が出せる。曜日指定はもちろん、普通の携帯電話でできる程度のアラーム管理も可能。アラームが鳴ると画面上にdismiss/snoozeボタンが表示されるのはタッチバネルのスマートフォンならではだ。さて、明日もこれで起きようと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2008 All Rights Reserved.