K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

極み友二郎 謁見 

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

P1030150

先日、二子玉川の玉川髙島屋の三陽山長を覗いたら友二郎のトップグレード「極み」仕様が置いてありました。革はイルチアかな?という感触でした。息子を連れていて情報収集する余裕がありませんでしたが、踵のヒールカップに縫い目がない!これはJOHN LOBBの高級ラインで見られる仕様ですね。時計のムーブメントで言えば、フリースプラングか否かの違いくらい差があります(訴求力という点について)。

そして九分仕立といって、ほとんどの工程が手縫いで為されています。いいですね〜これも訴求力が非常に高いです。

山長も手が届かなくなってきました。僕の息子が紳士になる年頃には服飾の世界はどうなっているのでしょうね。不安でもあり楽しみでもあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2015 All Rights Reserved.