K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







キョンセーム

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

RIMG0033

故・落合正勝さんに倣い、私も使い終わった時計をセーム革できちんと磨くことにした。セーム革を買おうとララポート横浜の東急ハンズで発見したのが「キョンセーム」なるもの。

キョンというのは鹿の一種で、それを鞣したセーム革がもっとも質が高いそうだ。実際磨いてみるととても綺麗に汚れが落ちるのですっかり気に入ってしまった。

私が購入したのは株式会社春日さんの商品で、オンラインでも販売しているようだ。特にキョンセームのハンカチが欲しい。

汚れたらぬるま湯等で洗えば永く使えるということで、大事に使おうと思う。可愛らしい姿のキョンを殺して作られたものだから、使い捨てでは彼らも報われない。宮崎県の口蹄疫の刹処分を見て思うが、生活の糧や利便や嗜好のために奪われる命に対してもっと敬意を払おうと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2010 All Rights Reserved.