K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







赤坂に素敵なバーを見つけました:タカザワバー

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

R0270045
多分常連さん怒るだろうな…
紹介で赤坂にあるタカザワバーに行ってきました。
和バーを謳うだけあって、店内は和テイストに溢れています。
カウンターはガラス越しに枯山水を楽しめます。

で、何が素敵か。
それは客層がとんでもなく良いのです(行った自分は棚に上げておきます)。
僕の隣にいたフランス人はジャガールクルト・レベルソを身に付けていましたからね。そうそう見られるものじゃない、ルクルトを身に付けた白人って。紹介元が言うには、いつもそんな雰囲気だそうです。僕は有名人に疎いので分からないのですが、ただならぬ雰囲気を醸し出している人もいました。

でも、お店のスタッフさんは若い女性が中心で敷居が高いわけではないんです。

お料理もイケてます。シャンパンは独自のもの。僕が頼んだコロッケはフォアグラを衣で包んだもので、スパイスを塗していただくもの。あとはノドグロも絶妙な美味しさでした。
これらは全て近くで運営している料亭でつくったものをバーまで運んできているそうです。

お客さんが醸し出す妖気も愉しみたい方は是非行ってみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2015 All Rights Reserved.