K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

ブランパンのダイバーズ時計「フィフティ・ファゾムス・バチスカーフ」に38mmサイズが追加されました。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

 

Blancpain-web-25

BLAINPAIN(ブランパン)という時計メーカーをご存知でしょうか?

ブランドの位置付けとしてはオメガと同じ資本グループ、スウォッチ・グループのの最上級ラインに据えられているのですが、ブレゲと比較して成功しているとは言い難いブランドとも言えます。

そのおかげで、品質がとても高い割に並行輸入や中古市場では割安で販売されているので今が狙い目な時計メーカーと僕は見ています。

そんなブランパンがチューリッヒ空港で新作イベントを催しているのですが、ヒット作がリリースされそうです。それがフィフティ・ファゾムス・バチスカーフというダイバーズウォッチの38mmサイズです。

直径38mmというだけでも魅力的ですが、特筆すべきはその厚みです。10.77mmとダイバーズとしてはかなり薄いのです。

ロレックスの定番ダイバーズ「サブマリーナ」が直径40mm /厚み13mmですが、このサイズも今日的には小さい部類に入る中、さらにひと回り小さいサイズで投入したセンスの良さに脱帽です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2017 All Rights Reserved.