K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

海外旅行のために準備すべき見落としがちなモノ・コト5つ

WRITER
 
海外旅行のために準備すべき見落としがちなモノ・コト5つ







この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

2018年9月は3連休が2回ありますね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

The New York Timesの記事から旅行(とりわけ海外向け)に見落としがちな準備すべきモノ・コト5つを紹介します。

良いペン

入国審査カードや何かしらの届け出で探そうとしても見つからないものの一つだそう。僕もいつもボールペンを持ち歩いています。

SIMロックフリーのスマートフォン

インターネットを利用するか否かで旅行の質がずっと変わります。自国で契約しているキャリアの海外ローミングを利用すると高額になるのでローカルSIMを現地で調達した方がずっと安く運用できます。そのためにはSIMロックフリーのスマートフォンが必要。いまや国内大手キャリアのSIMロックも一定期間経過すれば解除に応じてくれるようですが、どうせなら最初からSIMロックフリーの携帯電話を買うようにしましょう(別で用意するのもありですね)。

Google MapとGoogle翻訳

Google Mapの有用性は語るまでもありませんが、他言語圏で威力を発揮するのはGoogle翻訳です。とくにカメラを起動して画面を通して見ると、あらゆる文字が母国語に翻訳されます。これは初めて体験すると、びっくりしますよ。で、事前に翻訳パックをダウンロードしておくと、オフラインで使えます。長い文章になると、ぎこちないですが、標識の読み取りにはかなり重宝しそうです。

ポータブルUSBバッテリー

これは、もう常識となりつつありますね。旅行先でなくとも、外出するとき必ず持ち歩くものです。バッテリーは数多ありますが、○mhAの容量より△W出力も重視しましょう。僕のオススメはmophie powerstation USB-C XXLですが、これはUSB-Cポート限定です。MacBookなどノートパソコンを使用しながら充電可能です。

USBマルチ充電器とケーブル類

最近はUSB-Cも徐々に普及してきており、旧型のUSB3.0コネクタと混在している過渡期にあります。ですから、複数のコネクタ形状を変換する充電器を選ぶようにしましょう。

それでは良い休日を!

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.