K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







石垣島(川平湾)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

PC071276
 12月6日:妻の元同僚の結婚式に出席するため、那覇に飛んだのだ。私は前日に沖縄入りしていたのだが、妻は仕事のため披露宴の直前に会場に到着し私をドギマギさせてくれた。

披露宴の帰り、会場からタクシーを飛ばし搭乗チェックインの締切直前に石垣島行きの飛行機に乗ることができた。妻はかつて訪れたことがあるらしく、川平湾をどうしても私に見せたいという。

 到着したのは夜だったので、その日はグランヴィリオホテルに宿泊した。ホテルは大変綺麗で併設する石垣牛焼き肉店もGOOD。

 翌朝レンタカーを借りて川平湾へ。車の往来は概ねゆったりしていて、私もそのペースで運転したので初めての土地にしては迷わずに済んだ。

 川平湾ではグラスボートと言う船底がガラスになっていて、海底が見えるボートに乗り、船頭さんの見事な解説に聞き惚れながら、そこに住む色とりどりの珊瑚、魚たちを観賞。

 数時間後、私は一人那覇経由で中部国際空港へ向かったが、妻はその後4日間に渡り読書に耽り、友人と合流し久々の休暇を謳歌したそうだ。羨ましい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2009 All Rights Reserved.