K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







VMware Fusion2はSnow Leopardの64bitに対応しない意向のようだ

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

先日blogに掲載した、デフォルトで64bit Kernel 起動する方法だが、com.apple.Boot.plistファイルがどこにも見当たらないところをみると、製品版ではデフォルト64bit起動はできないようだ(数字キーを押しながら起動する方法は残されている)。現在のところ、64/32bitで体感できる違いがないので良いが、何だ誇大広告じゃないかとちょっと失望感も覚えたり。追い打ちをかけるようにTEAM FUSIONの記事のとおりVMwareはFusionを64bit対応するつもりがないようだ。64bitでMacを走らせるユーザにはわざわざ32bitでRestartするようレクチャーしている。これじゃあ、中途半端だ。結局、完全64bit化の道のりはまだ先だということがわかった。

 今回のOSアップデートで安定性が向上(未体感)、ディスクスペースが増加したことが最大の利益で、そのために3,300円支払ったと思えば、まぁ、妥当なのか。

 なんだか不完全燃焼気味。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2009 All Rights Reserved.