K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







CONNOLLY LEATHER

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

 

2000年に初めてCHROME HEARTSの革に触れて以来、革に対しては並々ならぬ関心を持ち続けているのだがそんな中でもFerrali,Bentleyなどの超高級車のレザーシートに使われている事で有名なCONNOLLY社のアイテムは手に入れたいと予てから思っていた。

Camille Fournetの時計バンドやカード入れでその耐久性(特に耐水性)や質感の凄みを体感していたものの、ようやく道具として実用に耐えるものを見つける事ができた。 CONNOLLYの名を冠したこのカードケースは国内では新宿伊勢丹でしか手に入らない。

クレジットカードを一枚しか持たない私のニーズにも応えてくれているのでとても気に入っている(実際は3枚収納できるので免許証も入れている)。 

Camille Fournetの製品に使われているConnolly leatherに比してかなりソフトな印象を受けるし、あの有名な独特のハーブの香りというのもない。本家がイギリスにも関わらずスペインで鞣されていたり、Connolly社が生産を止めてしまっただとか、倒産したという噂に何か所以があるのだろうか。様々な憶測が交錯するほど日本でのCONNOLLY社の情報は乏しい。 

とはいえ、耐久性、耐水性は健在であり何も不満はない。ブリーフバッグやドライビンググローブなど魅力的なアイテムもあり今後の展開が楽しみだ。メンテナンスは革製品を所有する事の愉しみのひとつであるので、購入してすぐにCONNOLLY LEATHER CARE KITを取り寄せた。栄養を与えるHIDE CAREは強烈なオイルの臭いがするのだが塗り込んでしばらくすると消え、革に保湿感が出てくる。これがまた堪らない。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2006 All Rights Reserved.