K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

LEICA Q入荷待ちの僕がSONY RX1RⅡの発表に激しく動揺する件

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

1444836739000_IMG_540640-700x700

ついに、というかやはり発表されましたね、SONY RX1Rmk2。

 

Hot!!! Sony announces the new RX1RII with worlds first variable low-pass filter!

これはLEICA Q Typ116の唯一の対抗馬になるでしょう。価格は$3,300らしいので40万円台前半で国内販売されるのでしょう。

何と言っても、Full Frame 4,240万画素センサーを積んでいますからね。 この魅力は大きいと思います。

あとは240万画素の内蔵EVFが付いたこと、AFが30%高速化されたこと、モニタのチルト機能が仕様に新たに加わっています。この辺りはRXシリーズお約束の進化ですね。ここまでやるならモニタのタッチ操作対応して欲しかったなぁ。ここ重要なUIだと思うんですが。

このくらいの価格帯のカメラに保険があると実に心強いんですよね。SONYの長期保証<ワイド5年> だと破損とか水濡れまでカバーしてくれます。僕はVAIOを使っていた頃、2度お世話になりました。LEICA Qは外に持ち出すの躊躇してしまうんですよね〜。無保険は怖い怖い。

あとはどんな絵を吐き出してくれるのか。良いに決まっているんですけど。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2015 All Rights Reserved.