K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







パネライ ルミノールマリーナ8DAYS レフトハンド

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

A Blog To Watchからパネライの新作情報です。
Panerai Luminor Marina 8-Days Power Reserve Left-Hand( PAM00796)は左利きのユーザー用にリューズとレバーの開閉式のリューズガードが9時位置に設けられています。

僕の息子も左利きなので、マイノリティに寄り添うパネライには親近感が湧きます。

搭載するムーブメントは8日間のパワーリザーブを誇る手巻き式のCal.P.5001です。パワーリザーブ機構がケースバックのサファイア越しに眺めることができます。

実はこの時計、左利き用に作られたとはいえ、右利きで、左腕に時計を着ける人でも着用感は優れるだろうとA Blog To Watchは主張しています。確かにパネライ ルミノールのリューズガードは巨大なので、手の甲に当たる問題に多くのユーザーが苦痛を感じていることでしょうから。

昨年までのパネライはこのレベルの時計を100万円のプライスタグを付けてリリースしていたように思えますが、このPAM00796は6,900ドルという破格の値段です。パネライが再び身近になって、人気が沸騰しそうな予感。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.