K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







パネライ ルミノールマリーナ8DAYS ステンレスとチタンの各モデルがリリース!

WRITER
 
パネライ ルミノールマリーナ8DAYS ステンレスとチタンの各モデルがリリース!
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

A Blog To Watchからパネライの新作情報です。
Panerai Luminor Marina 8-Days Power Reserve はステンレススチールモデル( PAM00795)とチタンモデル(PAM00797)の2モデルがリリースされました。

搭載するムーブメントは8日間のパワーリザーブを誇る手巻き式のCal.P.5002です。同時にリリースされた左利き用のPAM00796の搭載するP.5001との違いは、本作はパワーリザーブ機構が文字盤上4時位置に配される点です。

審美性に優れるCal.P.5001ですが、両モデルともケースバックは金属で覆われることになります。ロレックスのスポーツモデルでは当たり前のことですが、実はスチールバックにしろ、チタンバックにしろ、サファイアケースバックのように肌にペタッと張り付く感覚はなくて、着用感は快適なんですよね。

僕ならチタンケースのPAM00797を選ぶと思います。これだけ大きい(44mm)ケースだとやはり重さを意識してしまうから。もっとも、パネライはケースが大きくても、手首に乗せた時の重心の置き方が絶妙で、騙されてしまうんですよね。

PAM00796の6,900ドルと同様、かなりお買い得感の高い両モデル。PAM00795は6,700ドル(75.2万円)、PAM00797は7,100ドル(79.7万円)です。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.