K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







LEDシーリングライトを導入

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

 

Untitled

今年は節電の影響で、LED照明に切り替える人が多かったそうだ。我が家は2010年に白熱電球を全てLEDに切り替えていたものの、天井の照明は蛍光管のままだったので思い切ってLEDに切り替えることにした。何と言ってもLEDは調光できるのが良い。間接照明的に使いたいシーンもあるので、暖色/寒色と強弱が調光できる東芝製の8畳用LEDシーリングライトをリビング用に2基、育児部屋用に1基導入した。価格も随分下がって1基2万円程度だった。


節電効果がどれほどのものかリサーチすらしていないが、理想通りの光量が得られるのには感動すら覚える。

リモコンからの受信の都度操作音が鳴るのには閉口してしまうが、使い勝手は良い。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2011 All Rights Reserved.