K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







中洲鷹勝でふぐ料理を楽しむ

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

福岡は中洲にあるふぐ料理のお店『鷹勝』で妻と一緒にふぐ料理を楽しんだ。今年の2月に泊まりがけで行く予定であったが、当日羽田空港で胃腸風邪にやられてしまいドタキャンになってしまった経緯があるので、念願叶ったりというところ。

ただ、行ったのがGW3日目だったので日帰りの強行スケジュール。しかも羽田空港まで車で向かったため、空港のほぼ満車状態の駐車場に入るまで2時間近く待った。11時に家を出て、お店に着いたのが5時ちょうどだったので6時間かけて辿りついたことになる。幸いお店は福岡空港から地下鉄で15分程度なので、アクセスが非常に楽だった。

さて、肝心の料理はというと、刺身や天ぷらも美味しかったが、何といってもてっちりが何とも言えず美味い。ふぐのひれ酒も美酒。

後から気付いたが、仲居さんたちも美人揃いなのは特筆に値する(お店のHPを見るといかに力を入れているかがわかる)。

また訪れたい。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2010 All Rights Reserved.