K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

ガラス繊維系コーティング 『ブリス』

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

自動車を手に入れて今年の11月で初の車検を迎える。車が好きな癖に洗車を疎かにしていたため、水垢汚れが目立つようになってきた。そこで一念発起して洗車用品を揃えた。

洗車シャンプー、研磨剤、コーティング剤を東急ハンズで売っているblissという製品群で統一した。この商品はいかにも通販系のアヤシい雰囲気だが、コーティング剤は貴金属や電化製品にも使えるということで会社帰りにクロスなどとともに購入。

早速傷のつきやすいcredit cardと結婚指輪に“施工”したところ、言葉では何とも言い表せない良い仕上げになった。既に付いてしまった傷は当然消えないのだが、輝きが増し、手触りが良くなり指輪等は油脂が付きにくくなった。さらには傷も付きにくくなるという。凄い商品。早速本日本来の用途である洗車に利用。

実は自分で洗車するのは恥ずかしながら2回目である。家の近くの大曽根国道駐車場の無料洗車スペースで洗車開始。シャンプーで全体を洗車するが、プラスチックバンパーに浸透した水垢汚れはなかなか落ちない。コンパウンド(研磨剤)で大分落ちるがやりすぎると塗装が削れるのである程度で妥協する。

一方、ドアノブ周りについた傷は見事に消え去った。さて、肝心のコーティングは洗い流した水が滴っている状態で霧吹で塗布するのだが、私が購入した80㎖は霧吹が貧弱なため至近距離からスポットせざるを得ず320㎖版(霧吹のノズルが大きい)を購入すればよかったと後悔。

ここで付属スポンジで溶剤を引き伸ばさないといけないのだが、別の車両が待っていた焦りもあり、その作業をスキップしそのまま水で洗い流しクロスで拭き取るというミスを犯した。にもかかわらず非常に美しく仕上がったのには感動。

明後日再度320㎖版で施工しようと思う(2日おいて重ね塗りすると良いそう)。月曜日にはディーラーにサンシェードを引き取りに行ったり車の維持にかかるコストが急激に上昇するのだが、今日の感動を以てすればそれほど苦痛ではない。そもそも車とは贅沢品だと言うことで割り切ってもいる。このblissを製造している会社は埼玉県の中小企業だという。こういう素晴らしい商品を生み出す会社もあるというのを知ると中小企業と関わりの深い仕事をしている自分としては思いを新たにする。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2008 All Rights Reserved.