K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

マツダCX-8 Lパッケージ(7人乗り)をオーダーしました!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

アクセラXDに乗り始めてもうすぐ4年になりますが、我が家はマツダの大型SUVであるCX-8に乗り換えることになりました。

発売してすぐに試乗に出かけたのですが、先日妻にも感想を聞こうと家族全員で試乗に出かけました。

妻の感想は僕と同じで、「静かで力強くて目線が高いので乗りやすい」というもの。車ではいつも泣いてしまう下の娘も広い室内でリラックスできるのか、試乗中は静かに過ごしていました。もうすぐ小学校に上がる長男も3列目の居住性の良さが気に入ったようです。
3月の決算期ということで、値引きも頑張ってくれるというので数時間に及ぶ交渉の結果、契約することになりました。

オプションてんこ盛りだったのですが、値引額は15万円ほどでした。ただ、いま乗っているアクセラXDの下取りが160万円というあり得ないほど高い査定をいただいたので、今しかないとサインしました。

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス

選んだグレードはLパッケージ(6人乗り)のマシーングレーメタリックでした。ところが、数日後営業さんから2列目がベンチシートとなるLパッケージの7人乗りがリリースされるので変更されますかというオファーをいただきました。車体価格は変わらずです。車体の色も変更可能ということで、妻の希望のスノーフレイクホワイトに変更して再オーダーしました。

ベンチシートになってもシートヒーター(2列目)が搭載されることと、リクライニング角度が6人乗りと変わらないことを確認して決めました。

とはいえ、納車は7月とまだまだ先です。それまではアクセラXDとの時間を大切に過ごしたいと思います。最近遠出していないので、長野の靴店「ヤマザキヤ」にアクセラで出かけようかな。

納車されたら、下呂温泉の素敵な宿に家族と出かけようと思います。

ところで、最近面白い記事を読みました。

僕の好きな「名もなきライター」さんがマセラティを購入されるべくお仕事を頑張るとか。こういう生き方いいなと思います。車選びってその時の生き方が出ますね。

※2018年6月末日、遂に納車されました!

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.