K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







次のクルマは・・・

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

 SUBARU LEGACY GT Spec.Bに乗り始めて2年超。あと3年は乗り続けるのだが、これから3年くらいかけて次のクルマ購入の引当金を計上するにあたりモチベーションを維持するためにも今から何に乗ろうか考える。VW GOLF GTI:ディーラーに試乗しにいった。とても上質な走りだった。DSGというパドルシフトのセミオートマティックの評判が良く私もLegacyと迷ったのだが当時納車が数ヶ月先になるとのことで諦めてしまった・・・今でもステキなクルマだと思う。

AUDI TT Roadster:2006年にモデルチェンジしDSGと同一機構のS-tronicを搭載していることや、フォルムや内装の雰囲気が大好き。

MMC COLT Ralliart ver.R:祖父が乗っているCOLTのホットハッチ。1.1tの車重、1.5Lターボで154PSを発生。CVTではなくマニュアルで乗りたいが・・・200万円で買えるという経済的動機が大きい。

以上が候補だが、原油高や技術革新など流動的だ。たとえばディーゼルターボのLEGACYが世に出てしまったら大きく心が揺らいでしまう。大きな買い物なだけに自分の趣味だけではいけないと思い、妻にも相談。彼女の結論は

VW Beetle Cabriolet

私みたいに情報ブレがないので意思が固い。例えば2Lの非力なエンジンにして10.6km/lの燃費の悪さというスペックを知らないか意に介していないようだ。だけどあのデザインや帆を開けて走るのがステキだというエモーショナルな部分はとても共感できる。通勤等日常に欠かせないモノでないだけに私にとってクルマはつまるところ性能より感性に負う部分が大きいはず。ここ最近は全開加速にも魅力を感じなくなっていることもあり、有りだなと考えている。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2008 All Rights Reserved.