K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







Panasonic DMC-LX100

WRITER
 
Panasonic LX100
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

現在メインで使用しているLUMIX DCM-LX100です。
カメラはオークションの写真を綺麗に撮るために良い物を使うようになったんですね。
LX100は使い始めて半年ほど経過したので、レビューしてみます。

◎センサーサイズが大きい

マイクロフォーサーズ と同じ4/3型のセンサーを搭載しています。レンズ径(イメージサークル)の関係(μ4/3より若干狭い)でフルにセンサーサイズを活用しているわけではないようです。ただ、RX100系の1型センサーよりは大きい(アスペクト比4:3で大体1.7倍か)と言えるでしょう。

◎マクロ撮影に強い

RX100M2を使っていた時に唯一不満だったのが、「寄れない」ということでした。 LX100は広角側のマクロ撮影で3cm程度まで寄れるので、時計やテーブルフォト撮影が楽にできるようになりました。僕は小さい物を撮ることが多いので、嬉しいです。

◎EVF(電子ビューファインダー)内蔵であること

高級コンパクトデジカメではホットシューの外付けやポップアップ式が多い中、LX100は背面にEVFが内蔵されています。ファインダーって何か写真を撮っている感があって好きなんですよ。ファインダーを覗いてカメラを構えるってそのスタイル自体格好いいですよね。LX100の場合、EVFの性能そのものが高精細(276万ドット)。ただのお飾りではないですね。

◎マニュアルで操作できること

絞り(F値を変えることですね)、シャッタースピード、露出、マクロモード切替が全て本体のダイヤルやスイッチで操作できます。 もちろんフォーカスリングも搭載されていて、ピントが合った時にピーキング!これって大きいですよ。自分で操る感覚ってクリエイティビティーを刺激します。だから他のコンデジより大きくて重いのも我慢できます。

もちろん良いところだけではありません。

R0260004

△USB給電ができない

比較的容量の大きい バッテリーを積んでいるので困ったことはありませんが、USB経由で給電できないのは結構不便だし精神衛生上よろしくないですね。SONYはRX100系やRX1ですらUSB給電に対応しているので、ここは見倣って欲しかったところです。

△価格(価値)の下落が見てられない

:;
価格.comでの価格の変動を見ると、今日現在で37%の下落率です。RX100M3の16%に比べて陳腐化が早いです。いいカメラなのに。僕は10万円ちょっとで購入しました。

不満もないわけではないですが、ベストな選択だったと思います。 RX100M4の良い対抗馬になり得ると思いますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク














Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2015 All Rights Reserved.