R0270865

2011年に購入したオーディオテクニカのATH-CK100PRO(過去記事はこちら)。このイヤホンはケーブルを本体から外して交換できるのですが、純正のケーブルのプラグが4年間の使用でメッキが剥げてきたこともあり、サードパーティのNull Audio社(シンガポール)がとても優れたケーブルを提供しているとのことで導入してみました。
R0270862

当初は後継機のATH-IM03かIM04を購入しようかなと思ったんですが、4年間同じ機種を不満なく使っていると、なんだか買い直すのも勿体ないですもん(何せ4万円ほど投入しました)。

僕が選択したのはLune Series MK3 Premium Upgrade Cableというモデルで、各社のリケーブル可能なイヤホンに対応しています。オーディオテクニカはCK100PRO以外にIMシリーズにも対応しています。

注文して一ヶ月ほどで到着。ちょうど引越しの直前だったので焦りました。

交換して試聴した瞬間ぶっ飛びました。これメチャクチャ音の解像度が上がります!僕はDTM(Desk Top Musicの略称です)用にRoland UA-10MというオーディオインターフェースをMacに接続して先日もその音の解像度の高さに驚嘆したんですが、それを挟まずMacに直押ししても同等のクオリティが得られます。iPhone6直押しでも同じで、純正ケーブルのときとは大違いです。ポータブルアンプ買う前にケーブル換えましょう。

EDMのTR-909のキック音の締まりの良さとかジャズの空気感が本当によく表現されていて、本当に良いですね。

 
R0270873

プラグ形状も注文時に選択可能です。L字タイプも選択可能なようです。
 
R0270876

コネクタ部はこのような形状です。これがちょっと難ありで、CK100PRO本体側との接続の締めがかなり緩いです('A`|||)。歩きながら聴いていると、接続の甘さから音が途切れたりします。本体から外れてしまうことはないんですけどね。これは国内製品だったら返品レベルですが、音質が圧倒的に向上するので惚れた弱みで許します!
僕は警戒心が強い方なので、歩きながらイヤホンを付けることがあまりないので良いのですが、動きながらリスニングするスタイルの方は要注意ポイントです。ホントに惜しいなぁ。ここさえクリアしていれば完璧なのに。

 
R0270878

こちらが本体側ですね。接続が緩いからか摩擦でボロボロになってきています。純正は純正で締めがメチャクチャ固くて、軸芯が折れるんじゃないか心配になるほどだったんですが。

結論としては買ってよかったです。ケーブルでここまで性能を引き出せるなんてやはりオーディオの世界は奥が深すぎます。今IMシリーズを使われている方も、音質に疑問を抱いたのなら是非リケーブルしてみてください。