K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

Jaeger LeCoultre Master UltraSlim 38mm

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

Jlus

 以前私も34mmのultraslimを愛用していたが、38mm(写真右)が登場。スモールセコンド付は何と40mm。38mmのステンレスケースは829,500円だ。7月29日まで伊勢丹新宿店でフェアを催しているそうなので行きたいが叶わない。同社のWebサイトを覗いてもいまだにコレクションに加わっていないので、今後定番化されるのかとか、ベルト幅のサイズなど聞きたいことがたくさんあるのだが・・・
 ケースが超薄型でありながら防水50mというスペックや1,000時間に及ぶ耐久テストを経ているだけに他のドレスウォッチとは一線を画している。Patek Philippe のCaratlavaもそうだが、classicな腕時計のケースの大型化がトレンドのようだ。個人的には40mmを超えてしまうのはちょっと敬遠してしまう。旧白洲邸”武相荘“で、ジャガールクルトの薄型懐中時計を見て以来同社の製品には特別な思い入れがあるのでいつかまた手元に置きたいものだ。悩ましい。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2008 All Rights Reserved.