K.Iwahashiが語るラグジュアリー論

Belstaff ROADMASTER

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

DSC01241

米ドラマAlias Season3の劇中で敵役Julian Sarkが着ていたBelstaffがとてもカッコ良かったため、私もコットンに油脂を染み込ませた独特のテキスタイルを使ったROADMASTERのAntiqueBeige色、Sサイズを購入。

東急ハンズ“男の書斎”で散々試着して買ったものの、何だか大きい気がする。Aliasの登場人物たちはもっとスリムに着こなしていたはず・・・ 

悩んだ結果、英国のショップサイトで、LADY’Sの42、黒のROADMASTERを注文。円高に加え、送料含め300£と日本で購入する半額程度で入手。こういうとき、英語のリテラシーは役に立つ。なお、関税などの追加費用は必要なかった。

TNTという配送業者で送ったというメールを受け取って待つこと9日間。今日届いて着る瞬間、ドキドキしたが、着てみるとジャストサイズで安心したと同時にこれは本当に格好良い。
今回で自分のサイズが把握できたので、近い将来はレザーウェアにも入手したい。

追記(2008/11/27 22:54)

実際はTNTではなく、Royal Mailで配送された。というのは、Customs Declarationで品目をGiftに指定すれば関税がかけられることはまずないだろうからというメールが販売業者から届いた。

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク












Sponsered by



Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2008 All Rights Reserved.