K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







リコーイメージングスクウェア新宿でGRⅡのクリーニングをお願いしました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

リコーGRⅡの撮影ショット数が2ヶ月足らずで1,500を超えました。LX100が8ヶ月で1,000ショット未満でしたので、かなり積極的な撮影スタンスをとっていることになります。

Untitled

気づけば通勤用の鞄、プライベートの鞄に常に忍ばせてシャッターチャンスがあれば、すぐに撮影に入るようにしているので、カメラの経験値がどんどん上がっているように思います。

 


フォーカスリングがなくピントが合う保証はどこにもないので、一枚の写真を撮るのに5、6枚は撮影します。

このカメラを撮るときに設定値を頻繁に変えるのは露出補正です。2、3段下げると暗くなりますが、シャープネスさが増します。GRのクールな持ち味が引き立つような気がするのと、ISO値を上げずにシャッタースピードを短くできるので、ブレの少ない絵が撮れるんですよね。 今までのカメラでは露出補正を調整する癖をつけていなかったので、相当な機会損失だったことになります。

とくに夜景とか星空の撮影には露出補正は必須です。これを今まで自動で撮影していたわけで、意図しない画像を量産していたことになります。

さて、ここにきてレンズ面に皮脂が付着していることに気づいたので新宿にあるリコーイメージングスクウェアに行ってクリーニングしてきました。所要時間は10分、費用は540円でした。Untitled

受付のお兄さんはいかにも理系っぽい印象でした。待ち時間の間、店内を見て回っていると、GR Ⅱ Premium Kitを発見しました。凄いですね〜僕は絶対買わないKit内容ですが、ニーズあるんでしょうね、完売している模様でした。

R0271395

クリーニング後お店を出て、都庁を撮りました。少しクリアになった?

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク














Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2015 All Rights Reserved.