K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







【SIHH2019】時代はアンダー40mmへ- オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク・クロノグラフ 38mm登場!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

CODE11.59の衝撃的なデビューを発表したオーデマ・ピゲ。しかし、長年培ってきたアイコニックピースのアップデートも怠っていません。

Audemars Piguet(オーデマ・ピゲ)Royal Oak(ロイヤルオーク)シリーズにケース径38mmの4モデルが登場しました。ロイヤルオーク・クロノグラフは2012年に39mmの直径が41mmに拡大されたのですが、再びダウンサイズしました。これは歓迎すべきモディファイ(仕様変更)です。

audemars-piguet-royal-oak-chronograph-38mm-case-side

Ref.26315ST.OO.1256ST.01 Image by;HODINKEE

搭載するムーブメントはキャリバー2385。このクロノグラフムーブメントのベースとなったのはフレデリック・ピゲ社が1987年に開発したCal.1185。Edmont Capt(エドモン・キャプト)氏の設計によるこのムーブメントは垂直クラッチを採用し針飛びのしにくい構造となっています。

とりわけ美しいのがシルバーのタピスリーダイアルにネイビーの外周トラック、レジスターを持つステンレススチールのケースのモデルです。

枯れた良い味を出すクロノグラフの価格は250万円台(ステンレス)と、頑張れば手に入れられる価格帯であることも魅力のひとつですね。

 

基本情報
メーカー Audemars Piguet(オーデマ・ピゲ)
モデル/型番 Royal Oak Selfwinding Chronograph/

26315ST.OO.1256ST.01,

26315ST.OO.1256ST.02,

26315OR.OO.1256OR.01,

26315OR.OO.1256OR.02

サイズ 直径38mm×厚み11mm
ケース素材 ステンレス(26315ST.OO.1256ST.01,26315ST.OO.1256ST.02

18KRG(26315OR.OO.1256OR.01,26315OR.OO.1256OR.02

防水性能 50m
ブレスレット ステンレススチール/ローズゴールド
価格/生産数 $23,800 (257万円) ステンレス; $52,700 (570万円)ローズゴールド
ムーブメント情報
キャリバーNo. Cal.2385 (Frédéric Piguet製Cal.1185ベース)
巻上方式 自動巻
振動数 21,600
石数 37
調速機構 緩急針方式
パワーリザーブ 40時間
参照元
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2019 All Rights Reserved.