K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







【SIHH2019】オーデマ ピゲ ロイヤルオーク トゥールビヨン・エクストラシン ブラックセラミック

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

Audemars Piguet(オーデマ・ピゲ)Royal Oak(ロイヤルオーク)シリーズにブラックセラミックのケースを纏ったトゥールビヨンモデルが登場しました。

外観

ブラックでありながら、サテン仕上げが美しいですね。裏蓋とフォーディングバックルがチタン製であることを除き、ケース、ブレスレットは全てセラミック製です。セラミックは耐傷性に優れているので、繊細な貴金属ケースに比べて気軽に持ち出せそうなところが良いですね。
audemars-piguet-royal-oak-tourbillon-extra-thin-ceramic-2924
文字盤は整然とした従来型のタペストリー(綴織柄)ではなく、トゥールビヨンのキャリッジを中心に放射状に分散する「タペストリーエボリューテイブ」という表現を新たに採用しています。パテックフィリップのアクアノート(旧型)を想起させる文字盤デザインです。

トゥールビヨン キャリッジと針、アプライド インデックスはシルバーでミニッツトラックはホワイトで刻まれているので、意外にも視認性は確保できているのではないでしょうか。

ムーブメント

audemars-piguet-royal-oak-tourbillon-extra-thin-ceramic-2924

image by;HODINKEE

裏側から見たトゥールビヨン ムーブメントCal.2924です。キャリッジの回転を眺めるのが好きな人はロービートなムーブメントを選ぶことを推奨します。Cal.2924は21,600振動/時のロービートであるがゆえに、悠然と回転するキャリッジを眺めることが可能です。

とはいえ、ロービートだからと言って古典的であるかと言えば、全然そんなことはなく、パワーリザーブも70時間確保しており、ムーブメント2時位置にはパワリザーブインジケーターをも備えているほど実用的なのです。

先日、ローズゴールドのロイヤルオーク トゥールビヨン・エクストラシンを腕に巻いてアレルギー反応が起きてしまったYouTuberの動画を見ましたが、そんな人もセラミック&チタンであれば問題ないと思います。

オーデマ ピゲ ロイヤルオーク トゥールビヨン・エクストラシン ブラックセラミックは100本限定で、約1,700万円で販売される予定です。デリバリー時期は未定ですが、日本には10本ほど入荷するでしょう。

 

基本情報
メーカー Audemars Piguet(オーデマ・ピゲ )
モデル/型番 Royal Oak Tourbillon Extra-Thin/26522CE.OO.1225CE.01
縦×横×厚さ 直径41mm×9mm
ケース素材 セラミック
インデックス セラミック
防水性能 50m
ブレスレット チタン製フォールディングバックルを備えたセラミックブレス
価格/生産数 CHF 156,000(1,715万円)/100本
ムーブメント情報
キャリバーNo.  Cal. 2924 Manufacture
巻上方式 手巻
振動数 21,600
石数 25
調速機構 トゥールビヨン 
パワーリザーブ 70時間
参照元
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2019 All Rights Reserved.