K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







高級時計の米シェアリングサービス「Eleven James」が営業停止してしまったようです。

WRITER
 
高級時計の米シェアリングサービス「Eleven James」の
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

シェアリングエコノミーの波は時計業界まで及んでいるのですね。

高級時計のレンタルサービス「Eleven James」がサービス停止に追い込まれてしまいました。詳細は不明ですが、経営企画に在籍していたRobi Cai氏という社員からの話を総合すると、運転資金不足によるものと推測されています。

Eleven Jamesは2013年、ニューヨークに設立されました。利用者は月額サービスを契約すると、月単位で時計をレンタルすることができるというものです。レンタルする際は100〜200米ドルを月単位で課金されます。ですから、購読料と利用料の2本立てという課金方式なんですね。

ラインアップを見ているとスポーツウォッチが多いんですが、レンタルするとしたら、クラシックだったりドレスウォッチの方が良かったのかもしれません。ドレスウォッチはパーティとか式典のような場で必要となりますが、普段は使いませんからね。

パテックフィリップのカラトラバのレンタルとか需要ありそうなんですよね。革ベルトなので、サイズ調整も難なくできますしね。

僕自身は腕時計のシェアリングサービスを有望市場と見ているので、見守っていきたいと思います。

日本でもKARITOKEという時計レンタルサービスがあります。この方↓も目をつけています。


この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.