K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







ブラックホールよりも黒い?ベンタブラックの文字盤を採用したH.モーザー の限定モデル「エンデバー パーペチュアルムーン 」

WRITER
 
ブラックホールよりも黒い?ベンタブラックの文字盤を採用したH.モーザー のコンセプトモデル「エンデバー パーペチュアルムーン 」
この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。

HODINKEEからコンセプチュアルなH.Moser(H.モーザー)Endeavour Perpetual Moon(エンデバー パーペチュアルムーン) Concept with Vantablack Dial(Ref. 1801-1200)の記事を紹介します。

H.Moserと言えば、AppleWatchに似せたAlpsWatchやスイスチーズをケースに閉じ込めたモデルを発表するなどやや「炎上商法」を狙ったきらいのあるメーカーですが、実は非常にマジメに時計作りに取り組んでいるメーカーでもあります。

僕はCEOのエドゥアルド・メイラン氏と軽くお話をしたことがありますが、非常に好青年な若い経営者です。そんな彼は時計師として名を馳せた名門メイラン一族の出身です。H.モーザーは経営難の最中、メイラン氏の父親が経営するMELBホールディングスが2013年に買収したメーカーです。

僕は名古屋市東区の時計店「時計・宝飾ヒラノ」で初めて同社のモデル「Mayu」を見せてもらい、その美しさに魅了されたのを覚えています。同社の文字盤はパテック・フィリップと同じ会社が担当していると聞きました。

さて、そのH.モーザーが既存モデルであるエンデバー・パーペチュアルムーンの文字盤に採用したのが、カーボンナノチューブ技術によって生み出された、人類史上最も黒い物質「Vantablack(ベンタブラック)」です。この物質に光が当たると、その99.965%をチューブ内に吸収し、最後は熱に変換してしまうのだそうです。

この物質を採用する時計メーカーは実はH.Moserが初めてではありません。 MCT Sequential One 110 EVO VantablackやLab-ID Luminor 1950 Carbotech 3DAYS(50年間オーバーホールが不要!)で実績はすでにあります。ただ、それらのモデルよりもより手に入りやすい価格(およそ400万円)まで降りてきてくれたという点で、H.モーザーはこの時計を「本気で」売ろうと考えているのです。

ブランドロゴもインデックスやマーカーすら排された暗黒の文字盤には、3本の針以外に銀色のムーンフェイズが1027.3年に1日の誤差で文字通り「浮き沈み」します。搭載するキャリバーHMC801は7日間のパワーリザーブを蓄える手巻きのムーブメントで、これまでのH.モーザーの基幹ムーブメントと同様、着脱が用意な脱進機を備え、審美性に優れた機械です。Cal.HMC801
42mmの直径に12.9mmの厚みのケースは意表を突くステンレススチール製。50本限定で製作されます。
しかし、いつも思うのですが、この文字盤で時刻合わせをするのは本当に神経を使うと思います。購入する人はアーティスト気質が強いパーソナリティでしょうね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
'79年生まれ。1浪2留の追加モラトリアムを経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融セクターのIT部門にて(マジメに)勤務。 時計や車などのラグジュアリー、服飾、DTM、それらにまつわる書籍の記事が得意です。
スポンサーリンク














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.