K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







スチームパンクとジュール・ベルヌを体現するMB&F LM2

アバター
WRITER
 
MB&F
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

ハリー・ウィンストンのプロダクトマネージャーを務めたマキシミリアン・ブサー(Max Büsser 1962-)氏によって2005年に創業されたMB&Fには2つのラインがあります。

ひとつはオロロジカルマシーンシリーズ。これらはサイエンスフィクションをモチーフに極めて近代的で先鋭的な作品のラインナップ。もうひとつがレガシーマシーンシリーズ。こちらは蒸気機関が産業の基幹インフラであった時代に描かれたSF、その象徴としてのジュール・ベルヌからインスピレーションを得たコレクションなのです。

mbandf-lm2-red-gold-blue-dial-specs-1
Image by MONOCHROME WATHES

すでに2013年に登場したLM2ですが、今作ではケースをローズゴールド、文字盤をCVD(皮膜とする物質を含むガスを吹き付けてプラズマ分解させ化学反応を経て吸着させる化学気相成長法)によって鮮やかなブルーを与えた他、厚みを20㎜から19㎜に1㎜削りました。

mbandf-lm2-red-gold-blue-dial-specs-3
2013年登場のLM2 Image by MONOCHROME WATCHES

2つの脱進機を持つ機構として有名なのが、フィリップ・デュフォー氏の「Duality」。Dualityは各脱進機の共振効果を利用して振動の平準化を図っているのですが、LM2のそれは6時位置に配されたディファレンシャルギア(差動歯車)によって振動のズレを修正します。それぞれの脱進機の振動数は18,000vphです。この美しい機構はJean-François Mojon氏率いるChronode SAとKari Voutilainen氏の手によるものです。

mbandf-lm2-red-gold-blue-dial-specs-2
Image by MONOCHROME WATHES

ケースバックから覗く地板とギア・トレインの仕上げは見事です。受け石には懐中時計ムーブメントの高級機で見られたようなゴールドシャトンがセットされています。レガシーマシーンシリーズが19世紀的見地から未来を描く所以です。

MB&F レガシーマシーンシリーズ LM2は限定12本、2019年7月にデリバリーが開始されます。

基本情報
メーカー MB&F
モデル/型番 LM2 RED GOLD BLUE
直径×厚み 44㎜×19㎜
ケース素材 18Kレッドゴールド
防水性能 30m
価格/発売時期 CHF148,000(税抜1,617万円)/2019年7月 限定本数12本
ムーブメント情報
作成者 Jean-François Mojon at Chronode and Kari Voutilainen
巻上方式 手巻
振動数 18,000
調速機構 2基の11㎜の特製テンワを備えた脱進機を差動歯車に接続することで振動数を平均化
パワーリザーブ 45時間
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2019 All Rights Reserved.