K.Iwahashiが語るラグジュアリー論







ジャガールクルト マスター ウルトラスリム ムーンに限定エナメル文字盤が登場

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。

HODINKEEから新作ジャガールクルト マスター ウルトラスリム ムーン エナメル文字盤を紹介します。

マスター ウルトラスリムシリーズは僕自身『リザーブ・ド・マルシェ』を過去愛用したほど気に入っている時計です。惜しいと思ったのは40時間のパワーリザーブです。今回の新作ではこのパワーリザーブも改善されているうようです。早速見てみましょう。

外観

何と言っても、文字盤がこのモデルの中心です。ブルーのエナメル文字盤には手彫りによるギョーシェが施されていて、実に優美です。6時位置のムーンフェーズカレンダーのシルバーフロストされた奇数のアラビア文字がエナメルの艶感に対して絶妙なアクセントとなっているのが特徴です。
jaeger-lecoultre-master-ultra-thin-moon-enamel
マスターウルトラスリムのケースデザインは非常に凝っていて、特にベゼルは3面にカットが施されていて、傷が付きにくいのが特徴です。ちなみにこのケースは鍛造で製造されているとをカスタマーセンターに確認しました。

ムーブメント

ムーブメント供給の分野でジャガールクルトは時計業界に多大な影響力を持つメーカーです。僕がジャガールクルトの名前を知ったのも、IWCのマークⅫが同社製のエボーシュを搭載していたことからです。

ジャガールクルトの自社製ムーブメントは2010年頃からフリースプラング化しており、長期安定性が向上しました。しかし、この5年で他社製のムーブメントが70時間のパワーリザーブを標準展開するのを見ると、やや見劣りしたのは事実です。jaeger-lecoultre-master-ultra-thin-moon-ename-calibre-925/2
新型のキャリバー925/2はムーンフェイズ機構を搭載するキャリバー925の後継ムーブメントで、パワーリザーブは40時間から70時間に増加しました。ムーブメントの外観には大きな変化はないので、香箱内部の改善がメインなのでしょうか。

総括

ジャガールクルト マスター ウルトラスリム ムーン エナメル文字盤は限定生産数は僅か100、$35,800(約405万円)にて2019年7月よりデリバリーが開始されます。ここ最近のリシュモンのコストパフォーマンスの高さから考えると、少し割高感がありますが、JLCはブランドのポジションを格上げさせたいのかもしれません。

基本情報
メーカー Jaeger LeCoultre(ジャガールクルト)
モデル/型番 Master Ultra Thin Moon Enamel/Q13635E1
縦×横×厚さ 直径39mm×厚み10.04mm
ケース素材 ホワイトゴールド
防水性能 5気圧
ブレスレット ブルーのアリゲーターストラップ
価格/生産数 $38,500(405万円)/100本
ムーブメント情報
キャリバーNo. Caliber 925/2
巻上方式 自動巻
振動数 28,800
石数 30
調速機構 フリースプラング
パワーリザーブ 70時間

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
'79年生まれ。1浪2留の流浪期を経て'05年に早稲田大学商学部卒業。 現在は金融業界で会社員として勤務。英文翻訳が得意。 ラグジュアリー全般に関する考察と海外発の腕時計情報をいち早くお届けします。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鰯の飽くなき収集癖 , 2018 All Rights Reserved.